各種企業のIT・知財法務

現代では、あらゆる企業の活動に、ITは必ず登場しています。

例えば…

  • 飲食業

    飲食業にとって…

    ウェブマーケティングによる集客には、ITサービスやIT企業への業務委託等が必要

  • 製造業

    製造業にとって…

    ITを駆使した生産管理等のための情報システムには、システム開発が必要不可欠

  • 製造業

    小売業にとって…

    ECサイトの運営はウェブサービス運営に他ならず、それに関わる外注もIT案件に他ならない

  •  エンタメ業界

    エンタメ業界にとって…

    メディア運営、コンテンツ配信等をインターネットと無関係に行うことは、もはや考えがたい

当事務所は、元ITエンジニアである代表弁護士の経験を活かす

「IT・知財に強い法律事務所」だからこそ

IT企業のリーガル全般を担当可能

そして

必ずしもITメインではない企業の「IT・知財担当の弁護士」としても活動可能

システム開発関連

専門性の高いシステム開発に関して、契約書作成・修正・契約締結交渉の場面から、トラブルが発生した場合の紛争解決までを手がけております。

ITへの知見を活かし、複雑なシステム開発案件においても、提案資料など既存の資料を元に、最小限のヒアリングで契約書をゼロから作成することなども行っています。

IT業界における派遣と請負の区別にかかわる法律と裁判の事例について

IT業界における派遣と請負の区別にかかわる法律と裁判の事例につい.

下請業者(再委託)を巻き込むプロジェクトが頓挫した場合の法律とは

下請業者(再委託)を巻き込むプロジェクトが頓挫した場合の法律とは

システム開発のサーバー・インフラにまつわる法律問題とは

システム開発のサーバー・インフラにまつわる法律問題とは

ウェブサービス・アプリ関連

IT技術と法律が交錯する領域を中心に、ウェブサービスやアプリを適法に運営するためのコンサルティングや、利用規約・プライバシーポリシー等の作成から、紛争発生時の解決まで、ウェブサービスやアプリの運営に関わる法律業務に多数のノウハウを有しております。

仮想通貨関連

仮想通貨取引所運営企業の顧問弁護士、監査役、ICOにおけるホワイトペーパーの策定、法的観点に基づくレビューなど、仮想通貨関連の法務業務全般を手がけております。

ICOの方法と弁護士の関与が必要な理由

ICOの方法と弁護士の関与が必要な理由

新たな資金調達手段STOとICOとの違いとは

新たな資金調達手段STOとICOとの違いとは

ICOの法律規制に関する外国・海外事例

ICOの法律規制に関する外国・海外事例

メディア運営関連

オウンドメディアなど、ウェブメディアにおける著作権や写真の権利に関する法的問題に関して、ライターに共有するガイドラインの策定や、問題発生時の緊急対応などを手がけております。

また、美容関連メディアにおける薬機法関連の問題など、専門性の高い分野にも対応しております。

知的財産権関連

ITやテック関連のビジネス、音楽や映画等のエンターテイメント領域において、知財関連の戦略立案から契約関係、争訟までを手がけています。

紛争の場面においては、特許を受ける権利帰属確認訴訟など、専門性の高い裁判なども手がけております。

「個人利用OK」など用途が限定されているフリー素材を使用する場合の留意点

「個人利用OK」など用途が限定されているフリー素材を使用する場合.

フリー素材と信じてフリー素材でない画像等を使用した場合の法的責任

フリー素材と信じてフリー素材でない画像等を使用した場合の法的責任

著作権を侵害せずに文章や画像を引用する方法

著作権を侵害せずに文章や画像を引用する方法

ネットショップ関連

楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングなどにおける、商標権・著作権侵害の出品の差止請求など、ネットショップ関連において特徴的に発生する紛争の解決を数多く手がけております。

YouTuber

YouTuber関連のタレント契約、バーチャルYouTuberの法律問題や、タレント事務所運営、事業譲渡、eスポーツの大会運営計画の立案に関わるリーガルリサーチなど、YouTuberやeスポーツのビジネスに関わる最先端の法務問題を多数手がけております。

eスポーツ大会における賞金の限度額とは

eスポーツ大会における賞金の限度額とは

バーチャルYouTuber・VTuberの事務所所属用の契約書

バーチャルYouTuber・VTuberの事務所所属用の契約書

バーチャルYouTuber・VTuberのクライアント案件用の契約書

バーチャルYouTuber・VTuberのクライアント案件用の契.

貴社のメイン事業のためのメインの顧問弁護士の先生と別途

当事務所の強みを活かした「セカンド弁護士」としても活動可能

株式・投資関連紛争

企業と株主間の訴訟など、投資などに関連するトラブル・紛争の解決に関する多数のノウハウを有しております。

CVC関連

ベンチャー法務に強い法律事務所として、事業会社によるベンチャー企業等への投資や買収等の活動に際し、事業会社様にとっての「投資・M&A案件用のセカンド弁護士」といった形でも各種のご依頼を頂いております。

新規事業関連

IT・ベンチャー法務に強い法律事務所として、事業会社による新規事業の際に、「新規事業用のセカンド弁護士」といった形でも各種のご依頼を頂いております。

  • 顧問契約

    月額5万円(開始時)

    日常的な法律相談・契約書作成や修正について定額範囲内

    月額費用について業務量を考慮し定期的に見直し

    ※投資関連の業務、裁判等の紛争処理、刑事事件等は定額範囲外

  • タイムチャージ型

    1時間3.5万円~

    案件処理について、顧問先企業を優先させて頂きます

    ※裁判等の紛争処理はモノリス法律事務所報酬基準(旧・弁護士報酬基準と同様)にてお受けできます。

  • 監査役等

    月額15万円~

    監査役として貴社取締役会の構成員を務めます

    最高法務責任者・執行役員といった形で経営判断に携わることも可能です。

    ※詳細は個別にご相談ください

当事務所のクライアントの例

※クライアントであることについて公開の許諾を頂いている会社様(又は役員として登記されている会社様)のみを掲載しております。原則として、「クライアントであること」は守秘義務の下で秘匿致します。

参考サイト

ジョイキャリア「今話題の『デジタルタトゥー』 とは?」

ジョイキャリア「今話題の『デジタルタトゥー』 とは?」

デジタル・タトゥーやリベンジポルノ、その対策について解説しました

エンジニアが知っておきたい法知識

エンジニアが知っておきたい法知識

「エンジニアHub(エン・ジャパン株式会社)」内記事。「ソースコード著作権&開発契約を元エンジニア弁護士に聞く!」

ジョイキャリア「スペシャリストたちの7つ道具」

ジョイキャリア「スペシャリストたちの7つ道具」

代表弁護士 河瀬 季のインタビュー記事。弊所のコンセプトや仕事に用いる「7つ道具」に関してお話しさせて頂きました。

トップへ戻る