弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

アプリ等の利用規約整備

ネットにおけるアプリ・サービス・ゲーム等においては、ソーシャルな環境であるが故に、
より専門的な知識が必要です。私たちは、サービス開始から、その運用に至るまで、
様々な利用規約の作成や整備を迅速にサポートさせていただいています。

モノリス法律事務所では、様々なアプリ・サービス・ゲーム等の利用規約やプライバシーポリシーなど、公開・運用のために必要な規約等の作成・修正等業務を手がけております。また、当該アプリ開発用の要件定義・Adobe XD等で作成されたフレームワーク・LP・見込顧客向け営業資料等、貴社内に既に存在する各種資料やデータを元に、それらを読み取ることが可能です。

アプリ・ウェブサービス等関連

IT技術と法律が交錯する領域を中心に、利用規約・プライバシーポリシー等の作成や、その前提としての、これらを資金決済法・電気通信事業法といった関連法規との関係で適法に運営するためのコンサルティングなど、ウェブサービスやアプリの運営に関わる法律業務に多数のノウハウを有しております。

当事務所による実績の一例

BGM・効果音配信サービス, BGM再生用アプリ, BtoBのSaaS型音声認識サービス, ECプラットフォーム, SaaSサービス同士のデータ連携を行うサービス, SaaS事業者向け連携サービス, アーティストプラットフォーム, 営業支援ツール, 家計簿アプリ, 求人関連ウェブサービス, 求人転職サービス, クラウド型経費精算サービス, クラウド型勤怠管理サービス, クラウド型交通費精算サービス, サプリメント販売サービス, 政治関連SNS, タクシー配車アプリ, データ解析受託サービス, 動画SNSサービス, ビジネスSNS, ビジネス系マッチングサイト, 病院予約プラットフォーム, プログラミングスクール, ブロックチェーン型SNS, ブロックチェーン型アドネットワーク, リファレンスサービス, 旅行関連コンシェルジュサービス, 安否確認サービス, 医療情報ネットワークシステム, 仮想通貨取引所(国外), 矯正歯科医院データベースサイト, 障がい者支援サービス, 新卒採用、社員管理、社員育成クラウドサービス, 正規輸入車販売サイト, 生活に関する悩みサポートサービス, 創業サポートサービス, 反社チェックサービス

関連記事

ノークレーム・ノーリターンは絶対に返品不可?法的効力を解説

ノークレーム・ノーリターンは絶対に返品不可?法的効力を解説

AGPLのオープンソースをサーバサイドでのみ利用する場合のライセンス表示の要否

AGPLのオープンソースをサーバサイドでのみ利用する場合のライセ.

ユーザー間取引におけるプラットフォーム事業者の法的責任

ユーザー間取引におけるプラットフォーム事業者の法的責任

ゲーム関連

いわゆるソーシャルゲーム等についても、利用規約等の作成を多数手がけております。著作権法・景品表示法・資金決済法・消費者契約法・特定商取引法・電気通信事業法など、ゲーム運営との関係で問題となり得る関連法規にも対応しており、利用規約等の作成後も、イベントの適法な実施に関するコンサルティング等に対応可能です。

関連記事

eスポーツ大会の賞金の法的問題点 「賭博罪」に該当しないのか?

eスポーツ大会の賞金の法的問題点 「賭博罪」に該当しないのか?

ゲームのMOD動画は違法?法的問題点を解説

ゲームのMOD動画は違法?法的問題点を解説

拡大する「eスポーツ枠」の求人、雇用契約締結の上で注意すべき点は?

拡大する「eスポーツ枠」の求人、雇用契約締結の上で注意すべき点は.

IT分野向けの法律書籍の出版実績

IT分野向けの法律書籍の出版実績

ウェブサービス・アプリ、ゲーム関連等の法務に強みを持つ法律事務所として、元エンジニアの弁護士が主にITエンジニア向けに法律知識を解説する「ITエンジニアのやさしい法律Q&A」を出版(単著)

仮想通貨・ブロックチェーン関連

当事務所は、ITに強い法律事務所として、仮想通貨取引所運営企業の顧問弁護士・監査役等を務めており、ブロックチェーン関連のアプリやサービスにも対応可能です。

関連記事

ICOの方法と弁護士の関与が必要な理由

ICOの方法と弁護士の関与が必要な理由

新たな資金調達手段STOとICOとの違いとは

新たな資金調達手段STOとICOとの違いとは

ICOの法律規制に関する外国・海外事例

ICOの法律規制に関する外国・海外事例

医事法関連

当事務所は、元ITエンジニアの代表弁護士と、医療系の事件を数多く手がける法律事務所から当事務所に転籍した弁護士が所属しており、医療に関連する事業やアプリ・ウェブサービス等にも対応可能です。

関連記事

CBD製品の広告規制とは?薬機法などとの関係を弁護士が解説

CBD製品の広告規制とは?薬機法などとの関係を弁護士が解説

D2Cビジネスにおける法律の重要点と弁護士に依頼すべきポイントとは

D2Cビジネスにおける法律の重要点と弁護士に依頼すべきポイントと.

美容クリニックでモニター募集はどこまで適法?医療法を解説

美容クリニックでモニター募集はどこまで適法?医療法を解説

最小限のヒアリングでドラフトを作成可能

最小限のヒアリングでドラフトを作成可能

当事務所の代表弁護士は元ITエンジニアです。

アプリやウェブサービス等の利用規約等を作成するためには、当該アプリ等の機能や(どういった操作で何に同意する想定かという意味での)画面遷移等を理解する必要があります。当事務所は、当該アプリ開発用の要件定義・Adobe XD等で作成されたフレームワーク・LP・見込顧客向け営業資料等、貴社内に既に存在する各種資料やデータを元に、それらを当事務所側で読み取ることが可能です。

したがって、ヒアリング等に頂くお時間を最小限として、利用規約等のドラフトを作成することができ、コミュニケーションコストや作成期間などを効率的に圧縮することが可能です。

当事務所クライアントのプロダクトの一例

  • Dr.Wallet

    無料家計簿アプリ「Dr.Wallet」(やBtoBの経費精算システム「レシートポスト」)をリリースする株式会社TOKIUM様の最高法務責任者として、同社の案件を担当させて頂いております。

  • MekeShop by GMO

    ネットショップ・ECサイト構築サービス「MakeShop by GMO」をリリースする、GMOインターネット株式会社のグループ企業であるGMOメイクショップ株式会社様の案件を担当させて頂いております。

  • TRIBEAU

    美容医療の口コミ・予約アプリであり、ウェブサービス版も公開されている「TRIBEAU」をリリースする株式会社トリビュー様の案件を担当させて頂いております。

  • FLOWER KNIGHT GIRL

    DMM GAMESで配信され、累計登録者が100万人を突破した新感覚本格派RPG「FLOWER KNIGHT GIRLをリリースする株式会社YourGames様の案件を担当させて頂いております。

※実際には、その他、多数のクライアント様の案件を担当しております。クライアントであることについて公開の許諾を頂いている会社様(又は役員として登記されている会社様)の一部のみを掲載しております。原則として、「クライアントであること」は守秘義務の下で秘匿致します。

料金体系

  • 顧問契約

    月額5.5万円(税込)※開始時

    日常的な法律相談・契約書作成・修正を2時間まで定額範囲内

    月額費用について業務量を考慮し定期的に見直し

    ※投資関連の業務、裁判等の紛争処理、刑事事件等は定額範囲外

  • タイムチャージ型

    1時間3.85万円(税込)~

    案件処理について、顧問先企業を優先させて頂きます

    ※裁判等の紛争処理はモノリス法律事務所報酬基準((旧)弁護士報酬基準と同様)にてお受けできます。

  • 監査役等

    月額15万円~

    監査役として貴社取締役会の構成員を務めます

    最高法務責任者・執行役員といった形で経営判断に携わることも可能です。

    ※詳細は個別にご相談ください

タイムチャージ型契約について

当事務所は、弁護士の稼働時間を元に弁護士費用を算定する、いわゆるタイムチャージ型契約を基本とさせて頂いております。利用規約の作成・レビュー修正について、大まかな稼働時間目安は下記のとおりとなります。

類型 小型 平均 大型
利用規約作成 2時間 4時間 6時間
利用規約レビュー・修正 1時間 2時間 3時間

なお、特に新規クライアント様との関係では、ヒアリング・納品物に関するご質問への回答等で上記以上の時間を要するケースもあります。逆に言えば、利用規約作成等のためには、どうしてもクライアント企業の基本的なビジネスモデル等に関する理解が必要であり、顧問契約とは、「顧問先企業のビジネスモデル等は常に把握しているため、ヒアリング等にあまり時間が必要でなくなる」という関係性を構築するためのものです。

稼働時間の共有方法

稼働時間の共有方法

タイムチャージ型契約というのは、「弁護士が稼働した時間」によるものとして、ある意味分かりやすいものではありますが、しかし一方で、ある業務を行うために弁護士にどの程度の稼働時間が発生するのか、事前に分かりづらく、したがって依頼前の段階で弁護士費用の総額が見えづらいという欠点があります。

当事務所は、本ページ記載の通り、各契約書の作成等に関する稼働時間目安を事前に明示することを務めております。また、当事務所はクライアント企業様との連絡手段として、ChatWork・Slack・Teams・Facebookメッセンジャー・LINE・電子メール等、様々なサービスを利用しておりますが、こうした連絡手段内にて、Googleスプレッドシートでのタイムチャージ管理表によって、実際の稼働時間を随時共有しております。

TOPへ戻る