IT・ベンチャーの企業法務

4個のポイント

  • ベンチャー法務

    ベンチャー法務

    資金調達、事業譲渡、バイアウトなど、事業や資本に関連する法務への豊富な実績を有しております。

  • IT・知財法務

    IT・知財法務

    元エンジニアの代表弁護士が、時には実際にコードを読むなどして、貴社プロダクトを深く理解します。

  • スピード

    スピード

    およそビジネス、そして貴社にとって、レスポンスの早さが重要であることを理解し、原則1営業日内の返答を行います。

  • 中小企業法務

    中小企業法務

    企業経営経験のある代表弁護士は、経営が必ずしも綺麗事だけではないと、自らの体験として知っています。

ITやベンチャーの弁護士は、「IT」と「ベンチャー」を理解して、さらに、企業経営の「泥臭さ」と「スピード感」を肌で知った上で
リーガルサポートを行うべきだと、当事務所は考えています。

契約書作成等

IT企業の代表取締役、ベンチャー執行役員の経験がある代表弁護士の下、「ビジネス」に強い法律事務所として、業務委託契約書・代理店契約書から、秘密保持契約書まで、IT・ベンチャー企業で日常的に用いられる各種契約書の作成・修正・契約締結に向けた交渉等を行っております。

ウェブサービスの利用規約・プライバシーポリシーの作成・改定も多数手がけており、景品表示法、消費者契約法、薬機法(旧薬事法)など、インターネット上でのビジネスに関わる各種法規に対応しております。

損害賠償等の紛争

紛争発生時には、裁判外での損害賠償等請求から、仮処分、裁判までを担当致します。企業間取引に関わる紛争、役員責任追及の防衛など、企業活動に関わる紛争全般にも迅速に対応致します。

もっとも、紛争は、そもそも発生しない事が望ましく、紛争の契機があっても裁判にならない事が望ましい。……これが、当事務所の基本的な見解と姿勢であり、当事務所は、この前提に基づき、顧問先に対する日々のリーガルサービスを提供しております。

貴社の日常業務に関わる契約書を原則1営業日内にチェック&修正

毎月2時間まで顧問料の範囲内にて対応(※)

※内容により、お時間を頂くケース、顧問料範囲内ではお受けできないケースもあります。

システム開発

専門性の高いシステム開発に関して、契約書作成・修正・契約締結交渉の場面から、トラブルが発生した場合の紛争解決までを手がけております。

ITへの知見を活かし、複雑なシステム開発案件においても、提案資料など既存の資料を元に、最小限のヒアリングで契約書をゼロから作成することなども行っています。

システム開発における多段階契約とはなにか 推奨される理由も踏まえた解説

システム開発における多段階契約とはなにか 推奨される理由も踏まえ.

IT業界における派遣と請負の区別にかかわる法律と裁判の事例について

IT業界における派遣と請負の区別にかかわる法律と裁判の事例につい.

下請業者(再委託)を巻き込むプロジェクトが頓挫した場合の法律とは

下請業者(再委託)を巻き込むプロジェクトが頓挫した場合の法律とは

ウェブサービス・アプリ

IT技術と法律が交錯する領域を中心に、ウェブサービスやアプリを適法に運営するためのコンサルティングや、利用規約・プライバシーポリシー等の作成から、紛争発生時の解決まで、ウェブサービスやアプリの運営に関わる法律業務に多数のノウハウを有しております。

ブロックチェーン

仮想通貨取引所運営企業の顧問弁護士、監査役、ICOにおけるホワイトペーパーの策定、法的観点に基づくレビューなど、仮想通貨関連の法務業務全般を手がけております。

ICOの方法と弁護士の関与が必要な理由

ICOの方法と弁護士の関与が必要な理由

新たな資金調達手段STOとICOとの違いとは

新たな資金調達手段STOとICOとの違いとは

ICOの法律規制に関する外国・海外事例

ICOの法律規制に関する外国・海外事例

メディア運営

オウンドメディアなど、ウェブメディアにおける著作権や写真の権利に関する法的問題に関して、ライターに共有するガイドラインの策定や、問題発生時の緊急対応などを手がけております。

また、美容関連メディアにおける薬機法関連の問題など、専門性の高い分野にも対応しております。

ECサイトのLP等での化粧品広告の表現規制

ECサイトのLP等での化粧品広告の表現規制

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の区別とは?

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の区別とは?

知的財産権

ITやテック関連のビジネス、音楽や映画等のエンターテイメント領域において、知財関連の戦略立案から契約関係、争訟までを手がけています。

紛争の場面においては、特許を受ける権利帰属確認訴訟など、専門性の高い裁判なども手がけております。

「個人利用OK」など用途が限定されているフリー素材を使用する場合の留意点

「個人利用OK」など用途が限定されているフリー素材を使用する場合.

フリー素材と信じてフリー素材でない画像等を使用した場合の法的責任

フリー素材と信じてフリー素材でない画像等を使用した場合の法的責任

著作権を侵害せずに文章や画像を引用する方法

著作権を侵害せずに文章や画像を引用する方法

ネットショップ

楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングなどにおける、商標権・著作権侵害の出品の差止請求など、ネットショップ関連において特徴的に発生する紛争の解決を数多く手がけております。

YouTuber

YouTuber関連のタレント契約、バーチャルYouTuberの法律問題や、タレント事務所運営、事業譲渡、eスポーツの大会運営計画の立案に関わるリーガルリサーチなど、YouTuberやeスポーツのビジネスに関わる最先端の法務問題を多数手がけております。

eスポーツ大会における賞金の限度額とは

eスポーツ大会における賞金の限度額とは

バーチャルYouTuber・VTuberの事務所所属用の契約書

バーチャルYouTuber・VTuberの事務所所属用の契約書

バーチャルYouTuber・VTuberのクライアント案件用の契約書

バーチャルYouTuber・VTuberのクライアント案件用の契.

ITベンチャーにおいて特徴的に行われる事業や活動に関連する法務業務にノウハウ

株式・増資

第三者割当増資による株式発行について、タームシート作成から投資契約書・株主間契約書の作成までに対応しております。また、優先分配などを定める種類株式の設計、新株予約権の発行、創業者間契約、株式の譲渡など、株式関連の各種戦略策定・契約書等作成などを手がけています。

投資契約における株式に関する条項とは

投資契約における株式に関する条項とは

投資契約における会社の運営に関する条項とは

投資契約における会社の運営に関する条項とは

投資契約における取締役派遣条項とは

投資契約における取締役派遣条項とは

M&A

ウェブサービスやアプリの事業譲渡、ベンチャー企業のバイアウトを含め、広義のM&A案件に関して多数の実績を有しております。

投資契約におけるドラッグ・アロング・ライトとは

投資契約におけるドラッグ・アロング・ライトとは

バーチャルYouTuber・VTuberの買収・事業譲渡

バーチャルYouTuber・VTuberの買収・事業譲渡

スマホアプリ買収のM&Aのストラクチャーの選択肢

スマホアプリ買収のM&Aのストラクチャーの選択肢

株式・投資関連紛争

企業と株主間の訴訟など、投資などに関連するトラブル・紛争の解決に関する多数のノウハウを有しております。

CVC

ベンチャー法務に強い法律事務所として、事業会社によるベンチャー企業等への投資や買収等の活動に際し、事業会社様にとっての「投資・M&A案件用のセカンド弁護士」といった形でも各種のご依頼を頂いております。

新規事業

IT・ベンチャー法務に強い法律事務所として、事業会社による新規事業の際に、「新規事業用のセカンド弁護士」といった形でも各種のご依頼を頂いております。

貴社のメイン事業のためのメインの顧問弁護士の先生と別途

当事務所の強みを活かした「セカンド弁護士」としても活動可能

ビジネスモデルの適法化

独自発行ポイントに関する資金決済法の規制や医療・ヘルスケア関連の行政法規など、様々な法律の規制を踏まえた上で、現に開始したビジネス、開始しようとしたビジネスに関する法的リスクを分析し、可能な限りビジネスを止めることなく適法化を図ります。

独自発行ポイントが資金決済法の前払式支払手段に該当する場合とは

独自発行ポイントが資金決済法の前払式支払手段に該当する場合とは

自社ポイントの移動・交換と資金決済法の資金移動業

自社ポイントの移動・交換と資金決済法の資金移動業

従業員マニュアル・ガイドライン作成

アルバイトや業務委託社員など、貴社の(広義の)従業員に対するマニュアルや、従業員によるインターネット・SNS利用などに関するガイドラインの策定や、そのサポートを行います。法的な破綻を生じさせないこと、貴社コアスタッフの負担を可能な限り軽減することを、重要なポイントの一つと考えています。

株主総会対応

株主総会の招集通知や議事録作成、総会運営のサポートを行います。外部株主の有無や内訳等に応じて、可能な限り貴社経営陣の負担を減らすことを、重要なポイントの一つと考えています。

労働問題(会社側・使用者側)

就業規則の制定・改定や秘密保持契約書の作成から、残業代請求や「パワハラ」、労災不正申請などに関するトラブル発生時の対応、問題行動社員への対応、転職口コミサイトへの誹謗中傷投稿など、退職後の問題行動への対応までを手がけています。

  • 顧問契約

    月額5万円(開始時)

    日常的な法律相談・契約書作成・修正を2時間まで定額範囲内

    月額費用について業務量を考慮し定期的に見直し

    ※投資関連の業務、裁判等の紛争処理、刑事事件等は定額範囲外

  • タイムチャージ型

    1時間3.5万円~

    案件処理について、顧問先企業を優先させて頂きます

    ※裁判等の紛争処理はモノリス法律事務所報酬基準(旧・弁護士報酬基準と同様)にてお受けできます。

  • 監査役等

    月額15万円~

    監査役として貴社取締役会の構成員を務めます

    最高法務責任者・執行役員といった形で経営判断に携わることも可能です。

    ※詳細は個別にご相談ください

当事務所のクライアントの例

※クライアントであることについて公開の許諾を頂いている会社様(又は役員として登記されている会社様)のみを掲載しております。原則として、「クライアントであること」は守秘義務の下で秘匿致します。

参考サイト

LISTEN「モノリス法律事務所 河瀬季」

LISTEN「モノリス法律事務所 河瀬季」

リスナーズ株式会社による、代表弁護士 河瀬季のインタビュー記事。当事務所の理念などについてお話しさせて頂きました。

弁護士 河瀬季 の個人サイト

弁護士 河瀬季 の個人サイト

代表弁護士 河瀬季による個人ウェブサイト

エンジニアが知っておきたい法知識

エンジニアが知っておきたい法知識

「エンジニアHub(エン・ジャパン株式会社)」内記事。「ソースコード著作権&開発契約を元エンジニア弁護士に聞く!」

トップへ戻る