弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

契約書作成・レビュー等

IT・ベンチャー企業の顧問弁護士として、そして時に事業会社のIT担当弁護士として、
私たちは、ITにまつわる専門性の高い各種契約書の作成やレビューを行ない、
変化の激しいビジネスの場における揺るぎないポジションの確立に努めています。

モノリス法律事務所は、IT・ベンチャー企業の顧問弁護士として、その受託業務に関する業務委託契約や自社プロダクトに関する利用契約・代理店契約、エクイティ関連の契約として投資契約や株主間契約、会社に関わる契約として雇用契約などの各種契約書に関する業務を行っております。
また、事業会社のIT担当弁護士として、IT関連の新規事業に関連する契約、IT企業への外注に関連する契約などについて、契約書作成・レビュー等の業務を行っております。

featuresモノリス法律事務所の特徴

  1. 1.ベンチャー法務

    ベンチャー法務

    資金調達、事業譲渡、バイアウトなど、事業や資本に関連する法務への豊富な実績を有しております。

  2. 2.IT・知財法務

    IT・知財法務

    元エンジニアの代表弁護士が、時には実際にコードを読むなど、貴社プロダクトを深く理解します。

  3. 3.スピード

    スピード

    およそビジネス、そして貴社にとって、レスポンスの早さが重要であることを理解し、原則1営業日内の返答を行います。

  4. 4.中小企業法務

    中小企業法務

    企業経営経験のある代表弁護士は、経営が必ずしも綺麗事だけではないと、自らの体験として知っています。

当事務所による契約書作成等の
実績(一例)

モノリス法律事務所は、「IT・インターネット・ビジネス」に強みを持つ法律事務所として、下記を含む、各種のIT関連、ビジネス関連の契約書作成やレビュー等を行っております。

SEO対策業務委託契約書, SNS運用代行業務委託契約書, 合併契約書, 株式譲渡契約書, 株式引受契約書, 共同研究契約書, 共同事業契約書, 業務委託契約書, 業務提携契約書, 金銭消費貸借契約書, 広告掲載業務委託契約書, 広告取引基本契約書, 顧問契約書, 雇用契約書, コンサルティング契約書, 債権譲渡契約書, 債権譲渡担保権設定契約書, 事業譲渡契約書, 商標権譲渡契約書, 人材紹介基本契約書, 資本業務提携契約書, 責任限定契約書, タレント所属契約書, 退職合意書, 代理店契約書, 著作権譲渡契約書, 投資契約書, 売買基本契約書, 販売店契約書, 秘密保持契約書, フランチャイズ契約書, 募集株式の総数引受契約書, マネジメント契約書, MEO対策業務委託契約書, ライセンス契約書, 労働者派遣基本契約書, 和解契約書

関連記事

未成年者による電子商取引における申し込みの取消し

未成年者による電子商取引における申し込みの取消し

副業規定に必要な対策 就業規則作成の注意点を解説

副業規定に必要な対策 就業規則作成の注意点を解説

シェアリングエコノミーを活用して副業・兼業 本業の就業規則に抵触するのか

シェアリングエコノミーを活用して副業・兼業 本業の就業規則に抵触.

年間2000件以上の契約書に組織として対応

モノリス法律事務所は、元ITエンジニア・企業経営経験者である代表弁護士の下、弁護士14名の所属する組織です。

当事務所は、年間2000件以上の契約書作成・レビュー等を行っており、これらに関する実績とノウハウを有しております。

※グラフは推定を伴う数値を元にしており、最大20%程度の誤差があり得ます。

年間2000件以上の契約書に組織として対応

投資契約等にも豊富な実績

第三者割当増資による株式発行について、タームシート作成から投資契約書・株主間契約書の作成までに対応しております。また、優先分配などを定める種類株式の設計、新株予約権の発行、創業者間契約、株式の譲渡など、株式関連の各種戦略策定・契約書等作成などを手がけています。

関連記事

M&Aの中でも簡単なスキーム「株式譲渡」のメリットと契約の流れ

M&Aの中でも簡単なスキーム「株式譲渡」のメリットと契約の流れ

クラウドファンディングで資金を調達する際の法律的注意点

クラウドファンディングで資金を調達する際の法律的注意点

第三者割当増資に関する投資契約のタームシート

第三者割当増資に関する投資契約のタームシート

貴社の日常業務に関わる契約書を原則1営業日内にチェック&修正
毎月2時間まで顧問料の範囲内にて対応(※)

※内容により、お時間を頂くケース、顧問料範囲内ではお受けできないケースもあります。

当事務所によるサポート実績の一例

モノリス法律事務所は、IT・ベンチャー企業の顧問弁護士として、その受託業務に関する業務委託契約や自社プロダクトに関する利用契約・代理店契約、エクイティ関連の契約として投資契約や株主間契約、会社に関わる契約として雇用契約などの各種契約書に関する業務を行っております。また、事業会社のIT担当弁護士としても、IT関連の新規事業に関連する契約、IT企業への外注に関連する契約などについて、契約書作成・レビュー等の業務を行っております。

  • 株式会社安藤ハザマ

    株式会社安藤ハザマ

    東証一部上場企業である、いわゆるゼネコン大手のクライアント様であり、当事務所にてIT関連の契約書を作成致しました。

  • Gftd Japan株式会社

    Gftd Japan株式会社

    ブロックチェーン関連のベンチャー企業であり、当事務所で事業関連から雇用関連まで各種の契約書を作成致しました。

  • 株式会社TOKIUM

    株式会社TOKIUM

    フィンテック関連のベンチャー企業であり、当事務所で資本業務提携契約から事業関連までの契約書を作成致しました。

  • 株式会社MI-6

    株式会社MI-6

    投資契約やJ-KISS型のストックオプション発行、共同研究関連の契約書などを当事務所で作成致しました。

※実際には、その他、多数のクライアント様の案件を担当しております。クライアントであることについて公開の許諾を頂いている会社様(又は役員として登記されている会社様)の一部のみを掲載しております。原則として、「クライアントであること」は守秘義務の下で秘匿致します。

料金体系

  • 顧問契約

    月額5.5万円(税込)※開始時

    日常的な法律相談・契約書作成・修正を2時間まで定額範囲内

    月額費用について業務量を考慮し定期的に見直し

    ※投資関連の業務、裁判等の紛争処理、刑事事件等は定額範囲外

  • タイムチャージ型

    1時間3.85万円(税込)~

    案件処理について、顧問先企業を優先させて頂きます

    ※裁判等の紛争処理はモノリス法律事務所報酬基準((旧)弁護士報酬基準と同様)にてお受けできます。

  • 監査役等

    月額15万円~

    監査役として貴社取締役会の構成員を務めます

    最高法務責任者・執行役員といった形で経営判断に携わることも可能です。

    ※詳細は個別にご相談ください

タイムチャージ型契約について

当事務所は、弁護士の稼働時間を元に弁護士費用を算定する、いわゆるタイムチャージ型契約を基本とさせて頂いております。契約書作成や修正・レビューについて、大まかな稼働時間目安は下記のとおりとなります。

契約書作成

類型 小型 平均 大型
業務委託契約書等一般的な契約書 45分 1時間30分 5時間
NDA等類型的な契約書 15分 30分 1時間
M&A・投資関連 6時間 12時間 30時間
利用規約 2時間 4時間 6時間

契約書レビュー・修正

類型 小型 平均 大型
業務委託契約書等一般的な契約書 20分 45分 2時間
NDA等類型的な契約書 12分 20分 40分
M&A・投資関連 2時間 4時間 10時間
利用規約 1時間 2時間 3時間

なお、特に新規クライアント様との関係では、ヒアリング・納品物に関するご質問への回答等で上記以上の時間を要するケースもあります。逆に言えば、契約書作成等のためには、どうしてもクライアント企業の基本的なビジネスモデル等に関する理解が必要であり、顧問契約とは、「顧問先企業のビジネスモデル等は常に把握しているため、ヒアリング等にあまり時間が必要でなくなる」という関係性を構築するためのものです。

稼働時間の共有方法

タイムチャージ型契約というのは、「弁護士が稼働した時間」によるものとして、ある意味分かりやすいものではありますが、しかし一方で、ある業務を行うために弁護士にどの程度の稼働時間が発生するのか、事前に分かりづらく、したがって依頼前の段階で弁護士費用の総額が見えづらいという欠点があります。

当事務所は、本ページ記載の通り、各契約書の作成等に関する稼働時間目安を事前に明示することを務めております。また、当事務所はクライアント企業様との連絡手段として、ChatWork・Slack・Teams・Facebookメッセンジャー・LINE・電子メール等、様々なサービスを利用しておりますが、こうした連絡手段内にて、Googleスプレッドシートでのタイムチャージ管理表によって、実際の稼働時間を随時共有しております。

稼働時間の共有方法
TOPへ戻る