弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

風評被害対策

「Caloo」(カルー)の口コミを削除する方法とは?

風評被害対策

「Caloo」(カルー)の口コミを削除する方法とは?

Caloo(カルー)は有名な病院の口コミ検索サイトです。病院を検索したり、受診を検討している病院の評判を確認したりするために、利用したことがある方は多いのではないでしょうか?病院関係者にとっては、Calooに掲載してもらうことにより利用者の増加が見込める一方で、悪評の口コミが書きこまれることによる風評被害が心配でしょう。この記事では、Calooに投稿された病院の評判を落とすような口コミの削除方法をご紹介していきます。

Calooってどんなサイト?

Calooは、利用者が最適な治療を受けてもらえるよう、病院の様々な情報を提供するサイトです。診療科目や専門医の有無、専門外来などのほか、その病院が注力している医療の内容、実績などの情報も掲載しています。検索画面では様々な条件が設定でき、自分が求めている理想の病院を見つけることができるでしょう。何科で受診すれば良いのか分からない場合でも、症状を入力すれば適切な病院を教えてくれるなど、検索システムが使いやすいのも特徴です。また、検索で出てきた各病院の画面からは、その病院を利用したユーザーからの口コミが確認できます。Calooの口コミでは良い内容のものだけでなく悪い内容の口コミも掲載されているため、病院選びの際は非常に参考になるでしょう。ちなみにCalooにはコミュニティ機能も存在し、ユーザー同士でメッセージなどのやり取りをすることが可能です。そのため、同じ病気を経験したユーザーから良い病院の紹介を受けることもできます。このように、あなたにとって最適な病院が見つけられるよう、様々な情報を提供してくれるサイトなのです。

どのような風評被害がある?

Calooは悪い口コミも掲載している為、風評被害に繋がる口コミも投稿されやすくなることがあります。

前述の通り、Calooは悪い口コミも掲載しているので、風評被害の可能性は十分あります。また、口コミと一緒に五つ星で評価をつける項目もありますが、こちらも低評価をつけることも可能です。ここでは、Calooで考えられる風評被害の内容を解説します。

医師・看護師の対応が雑

よく口コミで寄せられているのが、医師や看護師の対応に不満があったという趣旨の口コミです。「医師の説明が雑」「質問しても、そんなことも分からないのか?と言いたげの上から目線の態度」「受付の看護師が全く愛想がなく目も合わせない」といった内容が、実際にCaloo上で見受けられました。体調を崩して必死の思いで病院に行ったのに、おざなりな対応をされると腹が立ちますよね。逆に、良い口コミの中には、説明が丁寧だった、真摯な態度で接してくれたなど対応の素晴らしさを紹介する口コミが多いです。病院の利用者は、治療内容だけでなく対応も重視していることが分かります。

待ち時間が長い

待ち時間が長いというのも、病院の悪評ではよくある口コミです。スキマ時間に受診するつもりの忙しい方にとっては、待ち時間が長いと言われると利用を断念してしまうこともあるでしょう。また、混雑していて座る場所も無いような状態だと、足腰の弱い方などは利用を躊躇われてしまいますよね。このように、病院関係者にとっては、待ち時間が長いという口コミも出来れば掲載してほしくない内容の1つです。

余計な検査

「本当は必要ではないのに、検査を実施し患者からお金をせしめる」などの口コミも寄せられることがあります。患者にとっては出費が増えるため、できれば検査は最小限にとどめてほしいものです。このように、余計な検査をするため治療費が高くなりがちという悪評が広まると、病院の客足は減る可能性が高いです。

利用規約違反で削除請求する方法

Calooで、自分の病院に関する悪質な口コミを見かけたら、まずはCalooの口コミ投稿ガイドラインに沿って、削除できないか検討しましょう。口コミ掲載の基準として、以下のような内容の口コミを禁止しています。

本人の経験に基づかない内容

Calooでは、投稿者が自ら病院で診療を受けた際の感想を募集しています。そのため、例えば「友達に聞いた話ですが~」などの人からの伝聞を根拠とする内容は掲載できません。また病院に行ったとしても「混んでいたので診察を受けずに帰った」「付き添いでずっと待合室で待っていた」という場合も、実際に診察を受けていないため、その方からの投稿は禁止されています。

参考になる情報が少ない投稿

口コミは他のユーザーにとって有益な情報となるよう、具体的な内容でなくてはなりません。「〇〇病院はくそ。二度といかない」などと書かれても、具体的にどこが悪いのか分からないため、投稿しても非公開とされてしまう可能性が高いです。また、文字数の規定もあり、200文字以上書く必要があるのでご注意下さい。

具体的な根拠が示されない批判や主観に偏った記述

具体的根拠が示されない批判とは「病院にかかってから病状が悪化した」「待合室で長時間待たされたため、子供が風邪にかかった」などです。また、主観に偏った記述とは「この医師はいつも同じ薬を出す」「この病院は人件費削減のため、患者数が少ない」などの内容です。口コミは個人の感想を書くところですからある程度の主観が含まれるのは良いのですが、行き過ぎてしまうといけません。さらに、病院を利用したのが何年も前というケースも、曖昧な記憶に基づくものなので、NGとされる可能性が高いです。

他者への強要など主観の範囲を逸脱する内容

上述した通り、口コミはあくまでも利用した人の感想を書くところです。そのため「この病院は絶対に行くべきでない」と他者の行動を制限する内容はいけません。また、よくYoutubeのコメント欄などで見かけますが「この病院に良い口コミをする人の神経が信じられない」というような、他者の行動を批判する内容の口コミもNGです。

特定の医師・スタッフを批判する内容

病院の感想を書くところですから個人への誹謗中傷はいけません。「受付の対応が悪い」という内容ならおそらく問題はありませんが「受付の〇○さんの対応が悪い」「〇〇先生は人格に問題がある」という風に、個人名を出して批判するのはいけません。

以上が、ありがちな病院への悪評口コミの内容です。他にも

  • 医療機関へのクレーム
  • 他者の権利やプライバシーを侵害する内容
  • 公序良俗に反する内容

などの口コミ投稿も禁止されています。

Calooで口コミを削除する方法

Calooの口コミ削除は、公式サイト上の「口コミご相談フォーム」から行います。ここ以外からは削除請求しても受け付けてもらえないので注意してください。また、削除請求できるのは「医療機関・病院に所属する方」と「医療機関・病院から依頼を受けた弁護士」の方のみに限定されます。これは非弁行為防止のために設けられた措置です。あなた個人に関することや所属する病院の詳細を記入し、削除したい口コミの情報の入力に移ります。

口コミの情報として記載する内容は、以下の通りです。

  • 「口コミ掲載のURL」もしくは「口コミのタイトルと投稿者」
  • 事実や現状と異なるとお考えの箇所→該当箇所をコピペで貼り付ければ大丈夫です。
  • 事実や現状と異なるとお考えの根拠→上記の口コミ掲載の基準から、違反していると思料される箇所を記載しましょう。例えば、「口コミ掲載基準の中の、本人の体験に基づかない内容であると思われるため、削除を請求します」というような具合です。
口コミ削除ご相談フォーム画面より

違法だとして削除請求する場合の例

名誉毀損として削除請求する際の留意点とは?

サイトが削除請求に応じてくれないこともあります。この場合、口コミが名誉毀損に該当し違法だとして、削除請求することもできます。しかし、口コミが名誉毀損と判断されるには高いハードルを乗り越えなければなりません。名誉毀損は「公然と事実を適示し、社会的評価を下げる」ものでないと認められないのです。「公然と」とは、不特定多数に向けて情報が発信されていることを指します。Calooの口コミは、病院を検索すれば誰でも見ることができるものなのでこの条件に関しては問題ないといえます。

しかし、名誉毀損となるためには、誹謗中傷の内容が「事実」でないといけません。「あの病院の医師は腕が悪い」というような主観に基づく内容では認められません。さらに、その口コミにより病院の社会的価値が落ちたと認められる必要もあります。このような、3つの要件をクリアする必要があるため、非常にハードルは高いです。また、何とか乗り越えたとしても、その口コミに「公益性がある」と認められなければ名誉毀損は成立しません。公益性とは、言うなればその事実を公表することが世のため・人のためになることです。例えば、病院が医療ミスを隠蔽していて、その事実を公表する口コミであれば、公益性が認められ名誉毀損は成立しません。

「名誉毀損の要件」に関しては、下記記事にて詳細に解説しています。

[blogcard url=”https://monolith-law.jp/reputation/defamation”]

仮処分による削除

裁判所からCalooに対し、「この口コミを削除してくれ」と命令を出すこともできます。これを仮処分といい、裁判の審理よりスピーディーに対応できるのが特徴です。裁判の審理を待っているとその間に投稿のログが削除され投稿者が追跡できなくなる恐れもあるため、口コミ削除に関してはスピード感が重要なのです。ただ、裁判所が仮処分を決定するためには、権利が侵害されている事実を法的な根拠に基づき、立証する必要があります。素人だけでこうした主張を行うのは不可能に近いですから、弁護士に依頼するのが得策です。

「削除の仮処分」に関しては、下記記事にて詳細に解説しています。

[blogcard url=”https://monolith-law.jp/reputation/provisional-disposition”]

仮処分による利用者特定

裁判を経ない仮処分では、利用者を特定することも可能です。仮処分で勝てば投稿したパソコンのIPアドレスが分かるので、どのパソコンから投稿したのか突き止められます。相手の所在が分かれば、直接「投稿を削除しろ!」と主張することができます。ただ、サイト側としても個人情報を保護する必要がありますから、なかなか情報の開示に応じてくれないでしょう。議論がもつれやすいため、敏腕弁護士に依頼するのをおすすめします。

まとめ

Calooは病院の口コミを見ることができるサイトです。その病院に対する口コミなら、良い悪いに関わらず掲載されているため、利用を決めるに当たってとても信頼できますが、一方風評被害の可能性もあります。まず、利用ガイドラインの掲載基準を用いてフォームから自分で削除請求し、サイト側が応じてくれないのであれば法的な主張に移るようにしましょう。口コミ削除の際は、裁判よりも迅速な仮処分がおすすめですが、法的な主張は素人だけでは厳しいので弁護士に依頼しましょう。

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所は、IT・インターネット・ビジネスに強みを持つ、東京・大手町の法律事務所です。

シェアする:

TOPへ戻る