弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

代表弁護士 河瀬 季

代表弁護士 河瀬 季

プロフィール

元ITエンジニア。IT企業経営の経験を経て、東証一部上場企業からシードステージのベンチャーまで、100社以上の顧問弁護士等、イースター株式会社の代表取締役、oVice株式会社の監査役、株式会社TOKIUMの最高法務責任者などを務める。

Twitter / Facebook

資格

弁護士

所属事務所

モノリス法律事務所

所属弁護士会

東京弁護士会

登録番号

51306

出身

東京都

学歴

東京大学 大学院 法学政治学研究科 法曹養成専攻

所属団体

JAPAN MENSA

出版書籍

ITエンジニアのやさしい法律Q&A(技術評論社・2020年)、説得の極意(大和書房・2018年)、デジタル・タトゥー(株式会社 自由国民社・2017年)、もっと頭がよくなる 大人の「超難問パズル」(ロングセラーズ ・2016年)、プロバイダ責任制限法判例集(LABO(弁護士会館ブックセンター 出版部)・2016年)

メディア出演

AbemaPrime(AbemaTV・2022年2月16日)、AbemaNewsチャンネル「けやきヒルズ」(2019年12月13日)、ビーバップハイヒール!(朝日放送・2019年9月19日)、Live News it!(フジテレビ・2019年8月20日)、デジタル・タトゥー(NHK 土曜ドラマ・2019年5月18日~)、あさイチ(NHK・2019年5月15日)・AbemaPrime(AbemaTV・2017年12月22日)、土曜プレミアム(フジテレビ系・2016年4月30日)

自己紹介

自己紹介

弁護士の河瀬です。私は、大学に入学し、ITエンジニア・ライター等で事業を営んだ後、20代後半で法律の勉強を開始し、司法試験に合格して、「元ITエンジニアで企業経営経験のある弁護士」となりました。そして、都内のIT系の法律事務所に所属した後に、2017年にモノリス法律事務所を開設しました。

理系・ITの世界で学んできた、論理的思考、IT・インターネット関連の技術やビジネスに関する感覚や知識といったものが、弁護士としての私の礎となっています。法務や法律事務所という存在が、テクノロジーや社会に対してどのように正の影響を与えることができるのか、突き詰めて考え続けたいと思っています。

経歴

2014年12月 弁護士登録・コスモポリタン法律事務所 所属
2015年3月 イースターモバイル株式会社(現・イースター株式会社)代表取締役 就任
2016年5月 コスモポリタン法律事務所 パートナー弁護士 就任
2017年3月 モノリス法律事務所 開所
2017年6月 株式会社Rhelixa 監査役 就任
2017年7月(~2019年5月) GIFTED AGENT株式会社(現・Gftd Japan株式会社) 監査役 就任
2018年10月(~2021年3月) 株式会社アルゴリズム 監査役 就任
2020年3月 モノリス法律事務所 弁護士法人化
2021年9月 oVice株式会社 監査役 就任
IT関連法務への思い

IT関連法務への思い

私や、私が代表弁護士を務めるモノリス法律事務所は、「IT・インターネット・ビジネスに強みを持つ」を標榜し、顧問先等、各種企業のクライアント様に対し、特に「IT」をキーワードとした法務サービスを提供しています。ただ、その意味は、大きく2種類あります。

まず、IT企業の「顧問弁護士」や「最高法務責任者」といったポジションに基づく業務です。その企業の主たる事業がITに関わるものが故に、「当該クライアントのIT関連技術やビジネス」を理解できる弁護士として、私や当事務所を選んで頂く、という形です。

次に、ITをメイン事業としない企業の、「IT・インターネット担当弁護士」といったポジションに基づく業務です。現代では、例えば、金融、不動産、飲食といった各種事業は、ITやインターネットと、無関係には成立し得ません。その際に、ITやインターネットに関わる業務のみを担当する、という形です。

元ITエンジニア・企業経営者の弁護士として、ITが企業にもたらす無限の可能性を信じ、業務に従事しています。

出版書籍、メディア掲載情報

プロフィール記載の出版書籍・メディア出演に加え、
ウェブメディアを含むインタビュー記事、
講演等について、ニュースページに記載しております。

その他実績

その他実績

書籍「デジタル・タトゥー(株式会社 自由国民社・2017年)」の執筆より、2019年5月18日~に放映された、インターネットと弁護士を題材としたNHK土曜ドラマ「デジタル・タトゥー」の原案を担当。

高橋克実氏演じる、インターネットに疎い50代の「ヤメ検弁護士」と、瀬戸康史氏演じる、20代のYouTuberのコンビが、インターネット上の風評被害や誹謗中傷被害、いわゆる「デジタルタトゥー」の被害に立ち向かうサンスペンスドラマです。

TOPへ戻る