クライアントの声

インタビューに答えてくれた方

株式会社BearTail 代表取締役 黒崎賢一

株式会社BearTail 代表取締役 黒崎賢一

BearTailは2019年現在で創業7年目を迎える「時間革命事業グループ」です。事業内容としては、経費精算システム、家計簿アプリ、出張手配サービスの3事業を展開しています。代表の私(黒崎)が筑波大学在学中に起業しました。

モノリス法律事務所には、BearTail創業期からCLO(最高法務責任者)をお願いしています。

私がインターネット雑誌のウェブライターをしていた時の先輩が河瀬さんだったことで知り合いました。その後私が学生起業する際、当時法科大学院生だった河瀬さんに、起業に必要な契約書の作り方などを教わりました。

長い付き合いで信頼があったので、河瀬さんが弁護士になられたタイミングですぐにBeearTailの最高法務責任者をお願いしました。

技術を理解していないとリーガルリスクを想定できない領域のスペシャリスト

業界の性質上、私たちのようにITを事業の中心に据える企業は常に新しい技術を取り入れることが必要となりますし、専門的な内容も多くなります。そのため、専門技術に対する理解度に法律事務所側と大きくズレがあると、話が通じないというになりかねません。

その点、代表弁護士の河瀬さんが元エンジニアであるというのは、とても心強いです。

「そもそもどういう仕組みでソフトウエアやインターネットサービスができているのか」を理解していないとリーガルリスクを想定できないので、コードを書いた経験がある弁護士さんというのはとても貴重な存在だと感じます。

法律の範囲内で提供できるサービスでないとリリースできないので、現状の法律に合わせてプログラミングの実装が決まります。その際も、技術レベルで相談できるので助かっています。実際に弊社のサービスでも、河瀬さんに相談したおかげで実現できた機能もあります。

経営者目線で、「リスクの取り方」を一緒に考えてくれる。

河瀬さんに事業家としての経験がある、というのにも信頼を置いています。

リスクを取る際に、「とりあえず危ないからやめましょう」というのではなくて、リスクとリターンを定量的に議論してくれるのは、経営経験者ならではだと感じます。

私たちベンチャー企業は、日本で初めてのことをする機会も多いです。チャレンジにはリスクがつきものですが、そんな時に「リスクを取る」という選択肢を一緒に検討してくれるのに助けられています。経営そのものに対する理解が不足していると、リスクを取ることを検討しさえしない、ということになりかねませんので。

事業運営や経営そのものへの理解があるため、リーガルリスクを踏まえた上で、IT技術を理解し、具体的なリスク低減施策まで踏み込んだ検討をご一緒できるのが最大の強みです。

短期的な利益を追求しないところが、人として信頼できる。

BearTailは創業期からお世話になっているので、初めのころは迷惑をおかけすることもありました。それでも、「一緒に頑張っていきましょう」というコミュニケーションでいてくださったことに感謝しています。10年付き合っていくことを前提に、パートナーとしてお付き合いいただいているので、信頼できる相手だと感じます。

河瀬さんは「長期的にビジネスをつくっていく視点」をお持ちですので、いち経営者として共感できるところも多いです。短期的な利益を追求するのではなくて、長期的なパートナーとしてお仕事をお願い出来る法律事務所だと思います。

河瀬さん以外の弁護士さん、そしてスタッフさんも聡明でタレント性のある方々で、オフィスの雰囲気も和やかです。これからも、よろしくお願いいたします。

株式会社BearTail

取扱分野一覧

取扱分野一覧

当事務所は、元ITエンジニアで企業経営経験のある代表弁護士の下、IT・インターネット・ビジネスに関わる法務を、その中心業務としています。

IT・ベンチャーの企業法務として、いわゆるIT企業やベンチャー企業の、ビジネスモデル周りから日々の契約関係、紛争時の対応など、各種企業のIT・知財法務として、必ずしもITをメインドメインとしない企業のシステム開発などIT・知財関連の法務などを、風評被害対策として、東証一部上場企業から個人までのレピュテーションコントロールなどを、IT紛争の総合的解決として、IT・ネットに関連する複雑な紛争へのソリューション提供を行っております。

取扱分野一覧

当事務所のクライアントの例

※クライアントであることについて公開の許諾を頂いている会社様(又は役員として登記されている会社様)のみを掲載しております。原則として、「クライアントであること」は守秘義務の下で秘匿致します。

参考サイト

カケコム「破産者マップの問題点」

カケコム「破産者マップの問題点」

官報に掲載された破産者らの氏名や住所などの個人情報が掲載された「破産者マップ」の事件について解説しました。

ジョイキャリア「今話題の『デジタルタトゥー』 とは?」

ジョイキャリア「今話題の『デジタルタトゥー』 とは?」

デジタル・タトゥーやリベンジポルノ、その対策について解説しました

「会いたい」私の偽物が突然…SNSなりすまし、対策は

「会いたい」私の偽物が突然…SNSなりすまし、対策は

いわゆる「なりすまし」の被害とインターネット上での炎上、デジタル・タトゥーについて解説しました。

トップへ戻る