弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

IT・ベンチャーの企業法務

二次的著作物と利用権範囲は?実際の判例を解説

IT・ベンチャーの企業法務

二次的著作物と利用権範囲は?実際の判例を解説

私たちの周りには、小説やマンガを原作として映像化したテレビドラマや映画が、あふれています。ある著作物を「原作」として新しく創作された作品は、二次的著作物と呼ばれます。

二次的著作物は、原作を基にしているのですから、基にした原作の著作者の著作権が及びます。ここでは、二次的著作物の利用権の範囲を解説します

二次的著作物と利用権

Xさんが英語で書いた小説をYさんが日本語に翻訳して出版しようとする場合、原作者であるXさんは著作者として著作権を有しています。

また、Yさんが創作する翻訳文は、著作権法2条1項1号の二次的著作物に当たります。

二次的著作物 著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案することにより創作した著作物をいう。

著作権法第2条1項11号

Yさんの翻訳文は、上記の条文の「翻訳」に該当します。まず大切なことは、この翻訳文を創作する権利はXさんが専有しているので、YさんはXさんから利用許諾を受けなければ翻訳文を創作することができないということです。

もし仮にXさんからの原著作物の利用許諾が得られない場合には、二次的著作物の創作ができないことになってしまいます。原著作者との交渉が重要となるわけです。

著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有する。

著作権法第27条(翻訳権、翻案権等)

著作者の許可があってはじめて、著作物の利用が許されて翻訳などができることになります。結果として、Yさんは創作した二次的著作物(翻訳文)については、二次的著作者として二次的利用権を有することとなります。この翻訳文を基にして映画を製作するという場合などには、映画製作者に対して製作を許諾することが可能になります。そして、ここがポイントであり、面倒な点でもあるのですが、この場合、映画製作者は原著作権者であるXさんの許諾も必要とするのです

二次的著作物の原著作物の著作者は、当該二次的著作物の利用に関し、この款に規定する権利で当該二次的著作物の著作者が有するものと同一の種類の権利を専有する。

著作権法第28条(二次的著作物の利用に関する原著作者の権利)

ではこの、二次的著作者と原著作者の権利は、それぞれどの範囲まで及ぶのでしょうか

二次的著作物における二次的著作者の権利範囲

漫画「POPEYE」について著作権を有する原告会社らが「ポパイ」、「POPEYE」の文字と人物像の図柄を付したネクタイを販売していた被告会社に対して、販売の差止請求及び損害賠償請求などを求めた事例があります。

この訴訟は最高裁判所まで争われ、

・漫画の主人公であるポパイのキャラクターは、ポパイの漫画とは別個な著作物を構成するものと認めることはできない

・ポパイを表したことが明らかな図柄について、どの画面のポパイの絵であるかを特定するまでもなく、漫画の複製に当たると認めることができる

・ポパイの漫画の主人公の「ポパイ」又は「POPEYE」の名称は、単にそれだけでは思想又は感情を創作的に表現したもの、すなわち、著作物ということはできない

・一話完結方式の連載漫画の保護期間は一連の完結形態を有する漫画が発表された時から起算すべきであるので、いまだ保護期間は満了していない

・著作権が生じた後に商標登録出願された商標権に基づく登録商標の使用は、不正競争防止法六条にいう「商標権ニ依リ権利ノ行使ト認メラルル行為」に当たらない

等の複数の論点について興味深い判示がなされていますが、連載漫画については、

連載漫画においては、後続の漫画は、先行する漫画と基本的な発想、設定のほか、主人公を始めとする主要な登場人物の容貌、性格等の特徴を同じくし、これに新たな筋書を付するとともに、新たな登場人物を追加するなどして作成されるのが通常であって、このような場合には、後続の漫画は、先行する漫画を翻案したものということができるから、先行する漫画を原著作物とする二次的著作物と解される。

最高裁判所1997年7月17日判決

としました。また、二次的著作者の利用権の範囲については、

二次的著作物の著作権は、二次的著作物において新たに付与された創作的部分のみについて生じ、原著作物と共通しその実質を同じくする部分には生じないと解するのが相当である。けだし、二次的著作物が原著作物から独立した別個の著作物として著作権法上の保護を受けるのは、原著作物に新たな創作的要素が付与されているためであって(著作権法第2条1項11号)、二次的著作物のうち原著作物と共通する部分は、何ら新たな創作的要素を含むものではなく、別個の著作物として保護すべき理由がないからである。

同上

と判示しています。

つまり、二次的著作者の権利範囲は、二次的著作者の創作性が付与された部分のみに生じるのであり、それ以外の部分については原著作者の権利のみが及ぶこととなるというわけです

二次的著作物における原著作者の権利範囲

連載少女漫画「キャンディ・キャンディ」のストーリー原稿を小説形式で執筆していた原著作者が原告となり訴えを提起しました。被告となったのは、原告の原稿に基づいて漫画の執筆を行っていた漫画家及び、漫画家から複製の許諾を得ていた会社です。本件連載漫画は共同著作物ないし原作の二次的著作物にあたるとして、連載漫画の一部であるコマ絵、表紙絵、リトグラフや絵はがき(本件原画)の作成・複製・配布の差止請求を求めた事例があります。

原作は文字で書かれたものであり、漫画家がそれを基にして絵を描くわけですが、すると、ストーリーとは切り離してコマ絵やキャラクターの表紙絵等を利用することは漫画家の権利であり、現著作者の許可を得ないで利用しても構わない、と漫画家等は考えました。

裁判所は、本件連載漫画について「二次的著作物」と判断しました。理由は、原著作者が各回ごとの具体的なストーリーを、これを400字詰め原稿用紙30枚から50枚程度の小説形式の原稿にしている点と、その小説形式の原稿に依拠して漫画を作成しているのが主な理由です。そして、二次的著作物である本件連載漫画の利用に関し、原著作者は本件連載漫画の著作者が有するものと同一の種類の権利を有することになり、複製権を有するのだから、原著作者にコマ絵等の利用許諾を求める必要があったとして、原著作者の請求を認めました。

コマ絵やキャラクターの表紙絵等に関しては、第一審では、

本件連載漫画は、絵のみならず、ストーリー展開、人物の台詞や心理描写、コマの構成などの諸要素が不可分一体となった一つの著作物というべきなのであるから、本件連載漫画中の絵という表現の要素のみを取り上げて、それが専ら被告の創作によるからその部分のみの利用は被告の専権に属するということはできない。

東京地方裁判所1999年2月25日判決

とされています。

また、著作権法第28条の「二次的著作物の原著作物の著作者は、当該二次的著作物の利用に関し、この款に規定する権利で当該二次的著作物の著作者が有するものと同一の種類の権利を専有する」については、控訴審では、

二次的著作物は、その性質上、ある面からみれば、原著作物の創作性に依拠しそれを引き継ぐ要素(部分)と、二次的著作物の著作者の独自の創作性のみが発揮されている要素(部分)との双方を常に有するものであることは、当然のことというべきであるにもかかわらず、著作権法が上記のように上記両要素(部分)を区別することなく規定しているのは、一つには、上記両者を区別することが現実には困難又は不可能なことが多く、この区別を要求することになれば権利関係が著しく不安定にならざるを得ないこと、一つには、二次的著作物である以上、厳格にいえば、それを形成する要素(部分)で原著作物の創作性に依拠しないものはあり得ないとみることも可能であることから、両者を区別しないで、いずれも原著作物の創作性に依拠しているものとみなすことにしたものと考えるのが合理的であるからである。

東京高等裁判所2000年3月30日判決

とされています。

なお、被告側はこれを不服として最高裁判所に上告したのですが、2001年10月25日に棄却され、判決が確定しています。

著作権法第28条は、原著作物とは形態の異なる二次的著作物の権利をも原著作者が持つと解釈されるわけであり、著作物性が異なる二次的著作物が持つ権利、例えば美術著作物における展示権などをも原著作者が持つことになります。

まとめ

他者が作曲した曲を編曲するような場合だけでなく、絵画を彫刻に変形するといったような場合も、あるいは小説を映画化したりすることも、二次的著作に当たります。

著作権法は厳密であり、ゆえに解釈が難しいので、判断に迷ったときは経験豊かな弁護士にご相談ください

当事務所による対策のご案内

モノリス法律事務所は、IT、特にインターネットと法律の両面に高い専門性を有する法律事務所です。近年、著作権をめぐる知的財産権は注目を集めており、リーガルチェックの必要性はますます増加しています。当事務所では知的財産に関するソリューション提供を行っております。下記記事にて詳細を記載しております。

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所は、IT・インターネット・ビジネスに強みを持つ、東京・大手町の法律事務所です。

シェアする:

TOPへ戻る