弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

YouTuber・VTuber法務

YouTube利用規約の重要ポイントを弁護士が解説

YouTuber・VTuber法務

YouTube利用規約の重要ポイントを弁護士が解説

今や世界中の人が気軽に動画を投稿できるようになったYouTube。様々なジャンルの動画を見ることができるYouTubeには以下のルールが定められています。

  • 利用規約
  • コミュニティガイドライン
  • 各種ポリシー等

このルールは、広告主またはスポンサーになる場合や、コンテンツに有料プロモーションを組み込む場合、広告主向けの広告ポリシーも含まれることになります。

少し分かりにくいのですが、YouTubeの特徴は、YouTubeに動画を投稿するYouTuber等が守るべき規約が、上記のように3個存在する、という点です。そして、これらは、例えば、「利用規約上はOKに読める行為が、コミュニティガイドラインでは禁止されている」など、相互に関連し合っています。したがって、3個全てを理解しないと、ある行為が規約違反かどうか、正確な判断を行う事ができないのです。

YouTubeに動画を投稿する場合には、これらに注意する必要がありますが、本記事では、どのようなジャンルの動画を公開する場合でも気を付けるべき、特に重要なポイントを解説します。

適用される規約

適用される規約のうち、利用規約は抽象的なものであり、それを具体的にしたのがコミュニティガイドラインと各種ポリシー等である、ということができます。

「法律的には違法ではない」としても、利用規約および利用規約と一体となったコミュニティガイドラインと各種ポリシーに違反してしまうと動画を削除されてしまうので、投稿する場合には、気を付ける必要があります

YouTubeの利用者

YouTubeを利用するには、13歳以上である必要があります

ただし、親または保護者によって有効にされていれば、あらゆる年齢で、YouTubeおよび YouTube Kids の利用が可能です。

ユーザーの親または保護者は、子どもがYouTubeを利用することを許可することにより、契約の規定対象となり、YouTubeでの子どもの行為について責任を負うことになります。

また、YouTubeを会社や組織として使用する場合、ユーザーは当該会社や組織のために行為する権限を有していること、及び当該会社や組織が本契約に同意しているものとみなされます。

YouTubeの利用

コンテンツの閲覧や検索など、サービスの一部は Google アカウントがなくても利用できますが、Google アカウントがあれば、動画を評価したり、チャンネル登録したり、自分の YouTube チャンネルを作成したりすることができます。

ユーザーは契約および適用される法律を遵守する限り、YouTubeにアクセスして利用できますが、10項目の禁止事項が定められています。一般的なものもありますが、以下の事項には注意が必要です。

  • ユーザーの意向を無視した宣伝または営利目的のコンテンツを配信したり、一方的な勧誘や大量の勧誘を行ったりするために使用すること。
  • 本来のユーザーエンゲージメントの測定結果を歪めること、またはそのように仕向けること。たとえば、ユーザーに金銭を支払ったりインセンティブを与えたりして、動画の視聴回数、高評価数、低評価数を増やす、チャンネル登録者を増やす、またはその他なんらかの方法で指標を操作すること。
  • 報告、フラグ立て、申し立て、異議申し立て、または再審査請求のプロセスを不正使用すること。根拠のない、濫用的な、または軽率な申請なども含まれます。
  • 不特定または多数の人のために、本サービスの動画を上映したり、音楽をストリーミングしたりすること。
  • YouTube の広告表示で許可されているもの以外の広告、スポンサーシップ、プロモーションを販売すること。

特に気を付けなければいけないのは、2番目、「本来のユーザーエンゲージメントの測定結果を歪める」ことの禁止でしょう。YouTubeは、特にチャンネル開設初期、なかなかチャンネル登録者が増えずに苦戦することの多いプラットフォームです。チャンネル登録者を増やすためにインセンティブを与えることは、他のSNS等では禁止されていないケースもありますが、YouTubeの場合、上記のように明確に禁止されているので、注意が必要です。

ユーザーのコンテンツと行動

チャンネルを持っていれば、YouTubeにコンテンツをアップロードでき、自分のコンテンツを活用してビジネスや活動を宣伝できます

その際、ユーザーは自身のコンテンツに対する所有権を保持しますが、コンテンツを提供することにより、YouTube に対して、当該コンテンツを使用(複製、配信、派生物の作成、展示および上演を含みます)するための世界的、非独占的、サブライセンスおよび譲渡可能な無償ライセンスを付与することとなります。

また、他の各ユーザーに対して、YouTubeを通じてコンテンツにアクセスし、(動画の再生や埋め込みなど)YouTubeの機能によってのみ可能な方法で、複製、配信、派生的著作物の作成、展示、上演などのかたちでコンテンツを使用する世界的、非独占的な無償ライセンスを付与することとなります。

また、ユーザーは、コンテンツの収益化に関する権利を YouTube に与えることとなります(収益化には、コンテンツ上やコンテンツ内で広告を表示すること、あるいはアクセスの手数料をユーザーに請求することが含まれます)

2021 年 6 月 1 日の改正により、YouTube との間の他の契約により YouTube から支払いを受け取る資格をクリエイターが有する場合(YouTube パートナープログラム、チャンネルメンバーシップ、Super Chat などによる支払いを含みます)、支払いはロイヤルティとして扱われるようになり、法律上義務付けられている場合、Google はこのような支払いから源泉徴収を行うこととなりました。

アカウントの停止と解除

ユーザーはいつでもYouTubeの利用を停止することができます。Google アカウントから本サービスを削除することにより YouTube チャンネルが閉鎖され、データも削除されます。

YouTube による解除としては、

  • 違反が深刻である、または繰り返される場合
  • 法的義務または裁判所の命令に従うために必要である場合
  • 他のユーザー、第三者、YouTube、YouTube の関係会社のいずれかに不利益または損害を与える(またはその可能性がある)行為が行われていると YouTubeが判断する場合

には、YouTube はユーザーもしくはユーザーのGoogleアカウントによる全部もしくは一部へのアクセス、および、ユーザーの Googleアカウントを停止または解除できるものとされています

また、YouTube による解除または停止が行われる場合、YouTubeからはその理由とともに通知が行われます。ただし、通知を行うことにより、

  • 法律もしくは司法当局の指示に違反する、または YouTube もしくはその関係会社が法的責任を果たせなくなる
  • 問題の調査に障害となる、または、本サービスのインテグリティもしくはオペレーションに支障が生じる
  • ユーザー、第三者、YouTube、アフリエイトのいずれかに損害を及ぼすと合理的に判断される

という場合は、除かれます。

まとめ

YouTubeの利用規約を簡単にまとめました。

利用規約は抽象的なものであり、これを具体的にしたものがコミュニティガイドラインと各種ポリシー等となります。利用規約・コミュニティガイドライン・各種ポリシー等を守って、YouTubeを楽しみましょう

当サイトでは、動画ジャンルごとに問題になるYouTube利用規約についても、解説を行っています。

当事務所による対策のご案内

モノリス法律事務所は、IT、特にインターネットと法律の両面に高い専門性を有する法律事務所です。近年、ネット上で人気化するYouTuberやVTuberの顧問案件を多く承っております。

チャンネル運用や契約関連などで、リーガルチェックの必要性が増加しております。当事務所では専門知識を有する弁護士が対策にあたっております。

下記記事にて詳細を記載しておりますのでご参照ください。

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所は、IT・インターネット・ビジネスに強みを持つ、東京・大手町の法律事務所です。

シェアする:

TOPへ戻る