弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

YouTuber・VTuber法務

「歌ってみた」動画投稿で知りたい著作権と「原盤権」とは

YouTuber・VTuber法務

「歌ってみた」動画投稿で知りたい著作権と「原盤権」とは

YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトでは、「歌ってみた」という人気のジャンルがあります。「歌ってみた」はJ-POPやボカロ等、他人の人気曲を「歌い手」と呼ばれる人々、または素人が歌い、動画を投稿するというジャンルです。
なかにはアイドル並みに人気がある歌い手も存在し、「歌ってみた」動画の再生回数は成長傾向にあります。
このように、近年「歌ってみた」動画は注目を浴びていますが、人気曲が使用されることに法的問題は生じないのでしょうか。特に、著作権法との関係を考える必要があります。

本記事では、「歌ってみた」動画投稿で知っておきたい法的リスクについて説明します。

「歌ってみた」動画に関連する法律

「歌ってみた」動画の投稿に際し留意すべき法律として、著作権・著作隣接権の二種があります。

著作権

著作権とは、著作物を保護するための権利のことをいいます。

(定義)
第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
一 著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。

著作権法2条1項1号

著作物として認められるためには、以下の4つの要件をみたす必要があります。

  • 思想または感情を
  • 創作的に
  • 表現したものであって
  • 文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの

他の知的財産権である特許権や商標権などとは異なり、特別な手続を要することなく、上記の要件をみたせば権利が発生することに特徴があります。

著作隣接権

著作隣接権とは、著作物を他者に伝達する実演家やレコード製作者などに認められる権利であり、実演家には演奏権、レコード製作者には複製権が認められています。

楽曲や歌詞がどんなに素晴らしいものであっても、伝える者がいなければ他者には伝わりません。そのため、実演家やレコード製作者に著作隣接権が認められています。

「歌ってみた」動画を投稿する際には、楽曲や歌詞の著作権だけでなく、アーティストやレコード製作者の著作隣接権にも留意する必要があります。

著作権管理団体とは

世の中には、数えきれないほどの音楽ジャンルや、楽曲、歌詞が存在します。

これらの作品の使用許諾を得る場合、著作権管理団体(著作権料徴収団体)に交渉することになります。

著作権管理団体とは、著作権権利者を代行し、著作物の使用を希望する者から、著作権使用料を徴収する団体のことをいいます。

著作権管理団体へ著作権料を支払うことにより、権利者を介さずに著作物を使用することが可能になります。

著作権管理団体の例

以下のような団体が代表的です。

  • 日本音楽著作権協会(JASRAC)
  • 日本美術著作権機構-美術著作権協会
  • NexTone

動画サイトが包括契約を結んでいる団体

それでは、「歌ってみた」動画の投稿が多い、YouTubeやニコニコ動画はどの著作権管理団体と包括契約を締結しているのでしょうか。

実は、両サイトともJASRACとNexToneと包括契約を締結しています。

その他のサイトを利用する場合も、 包括契約を結んでいる著作権管理団体を確認するようにしましょう。

法的リスクを回避する方法

法律に抵触することなく「歌ってみた」動画を制作するためには、どのような方法があるのでしょうか。

まず、YouTubeやニコニコ動画に投稿する場合、サイトが契約しているJASRACやNexToneが管理している楽曲や歌詞であれば、原則として、著作権法に抵触することなく使用することができます。

管理する楽曲であるかは、以下の「JASRAC作品データベース検索サービス」や「NexTone作品検索データベース」で検索することができます。

J-WID 作品データベース検索サービス 了承画面
NexTone 作品検索データベース 利用規約

ただし、管理されているのは一般的に楽曲や歌詞の著作権のみであるという点で注意が必要です。

例えば、JASRACであれば著作隣接権の管理を行っていないため、レコード製作者など、別途権利者の許諾をとる必要があります。著作隣接権(原盤権)を持っているのが誰か、というのは、少し複雑な話なのですが、日本では、いわゆる音楽ビジネス業界の業界慣行として、音楽出版社やレコード会社が当該権利を保有しているケースが多いと言えます。

交渉が難しい場合は、オフボーカル音源を探したり、利用許諾がされている二次創作オフボーカル音源を探したり、自ら音源を作成したりする方法があります。

契約によっては、著作権のうち一部の支分権(演奏権、録音権、出版権、貸与権等)や利用形態(ゲームに供する目的で行う複製、広告目的で行う複製など)のみがサイトの管理対象となっていることがありますので、注意が必要です。

著作権管理団体管理外の楽曲使用方法

著作権管理団体が管理していない楽曲を使用したい場合は、個別に権利者から許諾を得ることができれば使用可能です。

楽曲によっては、著作権者が「歌ってみた」動画用の音源をHPで公開している場合もあるので、事前にインターネットなどで調べてみることをおすすめします。

編曲や替歌の問題点

編曲や替歌を行う場合は、曲の雰囲気がガラッと変わってしまうことがありますので、著作権だけでなく、著作者人格権という「権利者の人格や名誉を保護する権利」について考える必要があります。

著作者人格権は著作者に一身専属的に帰属する権利であり、他人に譲渡することができません。編曲や替歌を行う場合も、原則として著作者に許諾をとりましょう。

なお、JASRACでは権利者から編曲権や翻案権の譲渡を受けていませんので、著作権に関する許諾を得たとしても、編曲や替歌で「歌ってみた」動画を投稿することはできません。

動画サイトにより規定が異なるため、こちらも注意が必要です。

まとめ

「歌ってみた」動画の投稿を考えている方は、著作権・著作隣接権・著作者人格権等の法律関係をしっかりと理解する必要があります。
権利者の承諾を得ない投稿は、不法行為として訴訟に発展するおそれもあります。
動画サイト自体が著作権管理団体と契約を結んでいる場合でも、許諾された範囲は契約により詳細に異なります。

こうした調査や交渉は素人には難しいため、「歌ってみた」動画を制作する際は、事前に知的財産権に詳しい専門の弁護士へ相談しましょう。

この記事の内容を動画で知りたい方は、弊所YouTubeチャンネルの動画をご覧ください。

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所は、IT・インターネット・ビジネスに強みを持つ、東京・大手町の法律事務所です。

シェアする:

TOPへ戻る