弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

YouTuber・VTuber法務

YouTube動画への誹謗中傷コメントの削除申請方法とは?弁護士が解説

YouTuber・VTuber法務

YouTube動画への誹謗中傷コメントの削除申請方法とは?弁護士が解説

YouTubeの動画にはコメント欄というものがあります。このコメント欄では、投稿された動画の内容に対する感想などが書き込まれることが通常ですが、動画の投稿者や他者に対する誹謗中傷などが書き込まれることもあります。特に、再生回数の多い動画のコメント欄に誹謗中傷などが書き込まれると、当該書き込みが多くの人の目に晒されてしまうこととなり、誹謗中傷を受けている人は、書き込みの削除をしたいと考えることが通常です。ただ、YouTubeは、掲示板のように書き込みが目的のサイトではなく、動画投稿が目的のサイトなので、動画のコメント欄に投稿されたコメントの削除を申請する方法がわからないという人も多いと思います。そこで、本記事では、他人のYouTube動画に付けられたコメントの削除申請方法について説明をします。

どのようなコメントが削除申請の対象となるのか

どのようなコメントが削除申請を対象となるのか、説明していきます。

YouTubeのコメント欄には様々な種類のコメントが投稿されますが、どのような種類のコメントが削除申請の対象になるのでしょうか。例えば、誹謗中傷など他者を攻撃するようなコメントは削除申請の対象となると容易に判断できますが、個人的に気に食わないからという理由で削除申請を行うことはできるのでしょうか。以下では、どのようなコメントが削除申請の対象となるのかということについて説明をします。

削除対象となるのはYouTubeのコミュニティガイドラインに違反しているコンテンツ

YouTubeヘルプセンターでは、以下のように記載されています。

【YouTubeヘルプセンター】
問題を報告しても、自動的にコンテンツが削除されるわけではありません。報告されたコンテンツは、次のガイドラインに沿って審査されます。
・コミュニティ ガイドラインに違反しているコンテンツは YouTube から削除されます。

https://support.google.com/youtube/answer/2802027?hl=ja&ref_topic=2803138

上記のYouTubeヘルプセンターの記載から、コミュニティガイドラインに違反しているコンテンツが削除の対象となっているということがわかります。

YouTubeコミュニティガイドラインの内容

YouTubeコミュニティガイドラインでは、以下のコンテンツが対象コンテンツとして記載されています。

  • ヌードや性的なコンテンツ
  • 有害で危険なコンテンツ
  • 不快なコンテンツ
  • 暴力的で生々しいコンテンツ
  • 嫌がらせやネットいじめ
  • スパム、誤解を招くメタデータ、詐欺
  • 脅迫
  • 著作権センター
  • プライバシー
  • なりすまし
  • 子どもの安全
  • の他のポリシー

上記対象コンテンツの中には、YouTubeに投稿された動画が念頭に置かれている事項も多いため、以下では、YouTube動画に付けられたコメントとの関係で重要な事項を紹介します。

不快なコンテンツ

まず、YouTube動画に付けられたコメントとの関係で重要な事項としては、「不快なコンテンツ」があります。

【不快なコンテンツ】
Google サービスは自由な表現のためのプラットフォームですが、人種、民族、宗教、障がい、性別、年齢、国籍、従軍経験、社会階級、性的指向、性同一性に基づく個人または集団に対する暴力行為を助長または許容するコンテンツ、またはこうした特性に基づく差別を扇動するコンテンツは投稿できません。

https://www.youtube.com/intl/ja/about/policies/#community-guidelines

上記の事項に関連する個人や集団に対する暴力や差別を助長するコメントは、削除申請の対象となります。

嫌がらせやネットいじめ

嫌がらせやネットいじめに関するコンテンツは、削除申請の対象となります。

次に、YouTube動画に付けられたコメントとの関係で重要な事項としては、「嫌がらせやネットいじめ」があります。「嫌がらせやネットいじめ」に関するコンテンツについては、以下のような記載があります。

【嫌がらせやネットいじめ】

嫌がらせ的な動画やコメントを YouTube に投稿することは許可されません。嫌がらせ行為が悪意のある攻撃にまで発展した場合は、ご報告いただければ削除することができます。それ以外は、多少の不愉快さを感じる程度であれば、無視してやりすごしてください。

https://www.youtube.com/intl/ja/about/policies/#community-guidelines

例えば、以下のような表現は、嫌がらせやネットいじめに関するコンテンツとして、削除申請の対象となります。

  • 他者の写真を繰り返し提示して「あいつの歯を見てみろ。気持ち悪いな」といった発言をする
  • 「この不潔なやつを見てみろ(保護対象グループを対象とした誹謗中傷)。トラックにひかれたらいいのに」と発言する
  • 「この犬のような女を見てみろ。人間じゃなくてミュータントか動物みたいだ」と発言する

プライバシー

また、YouTube動画に付けられたコメントとの関係で重要な事項としては、「プライバシー」があります。「プライバシー」に関するコンテンツについては、以下のような記載があります。

【プライバシー】
コンテンツが削除の対象として考慮されるためには、問題のコンテンツにおいて個人がはっきり特定できることが必要です。プライバシー侵害の申し立て手続きを使用する場合は、お客様を特定できるような情報がコンテンツに含まれていることを事前にご確認ください。YouTube では、個人の特定が可能かどうかを判断する際に以下の点を検討します。
・画像や音声
・氏名
・財務情報
・連絡先情報
・その他の個人情報

https://support.google.com/youtube/answer/2801895?hl=ja

以上のような事項に関するコメントは、プライバシーに関するコメントとして、削除申請の対象となります。

脅迫

さらに、YouTube動画に付けられたコメントとの関係で重要な事項としては、「脅迫」があります。「脅迫」に関するコンテンツについては、以下のような記載があります。

【脅迫】
略奪、ストーカー行為、脅迫、いやがらせ、恐喝、プライバシーの侵害、他のユーザーの個人情報の漏えいといった行為や、他のユーザーを扇動して暴力行為に走らせたり、利用規約に違反させたりすることは許されません。こうした行為が発覚した場合、その当事者は YouTube から永久に追放されます。

https://www.youtube.com/intl/ja/about/policies/#community-guidelines

以上のような事項に関するコメントは、脅迫に関するコメントとして、削除申請の対象となります。

削除申請の方法

どのような削除申請手段があるのでしょうか。

YouTubeにおけるコメントの削除申請の方法としては、以下の3つが考えられます。

  • コメントの横にある「報告」という項目からの削除申請
  • プライバシー侵害があるコメントに対する「プライバシー侵害の申し立て手続き」による削除申請
  • 違法なコメントに対する「YouTubeからコンテンツを削除する」からの削除申請

コメントの横にある「報告」という項目からの削除申請

コメントの横にある「報告」という項目からの削除申請は、以下の手続きにより行います。

①動画のコメント欄から削除したいコメントを選択し表示させます
②コメントの右端にある記号から「報告」をクリック・タップします
③コメントの報告の中から違反項目に近い項目を選択し報告をします

コメントの報告画面

以上の手続きにより削除申請が可能です。報告がされたコメントについて、YouTubeの側で審査が行われ、コミュニティガイドラインに違反しているコメントと判断されれば、当該コメントは削除されることになります。

「プライバシー侵害の申し立て手続き」による削除申請

「プライバシー侵害の申し立て手続き」について説明していきます。

プライバシー侵害があるコメントに対する「プライバシー侵害の申し立て手続き」による削除申請については、以下の手続きにより行います。

①プライバシーの侵害申し立て手続きにアクセスし、「次へ」をクリック・タップします
(https://support.google.com/youtube/answer/142443)

プライバシーの侵害の申し立て手続き画面

②次の頁で「プライバシー侵害の申し立てを行いたい」をクリック・タップします

「プライバシー侵害の申し立てを行いたい」ステップ画面

③次のページでアップロードしたユーザーへ連絡したかの確認が求められます。アップロードしたユーザーへ連絡したにもかかわらずコメントが削除されない場合には、「次へ」をクリック・タップします

「プライバシー侵害の申し立てを行いたい」ステップ画面

④次のページでコミュニティガイドラインを確認したかの確認が求められます。コミュニティガイドラインを確認した場合には、「既にコミュニティガイドラインを確認した」をクリック・タップします

「プライバシー侵害の申し立てを行いたい」ステップ画面

⑤次のページで嫌がらせ目的の申し立てや虚偽の申し立てを行った場合には、YouTubeアカウントが停止される可能性があることを警告されます。嫌がらせ目的の申し立てや虚偽の申し立てではない場合には、「次へ」をクリック・タップします。

「プライバシー侵害の申し立てを行いたい」ステップ画面

⑥次のページで公開されている個人情報の種類を選択します

「プライバシー侵害の申し立てを行いたい」ステップ画面

⑦次のページでは必要事項を記入するページに飛びますので、必要事項を記入し、「送信」します

違法なコメントに対する「YouTubeからコンテンツを削除する」からの削除申請

違法なコメントに対する「YouTubeからコンテンツを削除する」からの削除申請は、以下の手続きにより行います。

①「YouTubeからコンテンツを削除する」というページ(https://www.youtube.com/reportingtool/legal)にアクセスし、該当項目を選択します

YouTubeからコンテンツを削除したい場合の削除申請画面

②選択した項目に対応した削除申請フォームが表示されるので、必要事項を記入し、削除申請を行います

まとめ

以上、他人のYouTube動画に付けられたコメントの削除申請方法について説明をしました。近年のYouTubeの人気の高まりによって、YouTube動画のコメント欄が他の人の目に触れる機会が増えています。そのため、YouTube動画のコメント欄のコメントの削除を行いたい人と考える人も多いと思いますので、YouTubeに付けられたコメントの削除申請方法をしっかりと理解しておくことが重要になります。特定のコメントが削除対象となるか、また、削除申請をどのように行うかについては、専門的な判断が要求されますので、YouTube動画に付けられたコメントの削除を考えている方は、弁護士に相談をするようにしてください。

カテゴリー: YouTuber・VTuber法務

タグ:

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所は、IT・インターネット・ビジネスに強みを持つ、東京・大手町の法律事務所です。

シェアする:

TOPへ戻る