Tag: 風評被害対策:内容別

名誉毀損が認められなかった事例を弁護士が解説

名誉毀損が認められなかった事例を弁護士が解説

名誉毀損にいう名誉とは外部的名誉であり、人に対して社会が与える評価を意味するので、名誉を毀損するとは、人の社会的評...

風評被害対策

名誉毀損に対する名誉回復措置としての謝罪広告

名誉毀損に対する名誉回復措置としての謝罪広告

民法上の不法行為としての名誉毀損について、民法では損害賠償に代えて、または損害賠償とともに、名誉回復のための措置が...

風評被害対策

名誉毀損と社会的評価の低下を弁護士が解説

名誉毀損と社会的評価の低下を弁護士が解説

名誉毀損にいう名誉とは外部的名誉であり、人に対して社会が与える評価を意味します。したがって、名誉を毀損するとは、人...

風評被害対策

名誉毀損における公然性と伝搬可能性

名誉毀損における公然性と伝搬可能性

刑法においては、刑法第230条1項公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下...

風評被害対策

誤認逮捕に関する逮捕歴の削除は可能か

誤認逮捕に関する逮捕歴の削除は可能か

新聞などを含む多くのニュースサイトでは、ある個人が逮捕された、というニュースが頻繁に掲載されます。その反面...

風評被害対策

「バカ」「キチガイ」などの誹謗中傷と名誉感情の侵害

「バカ」「キチガイ」などの誹謗中傷と名誉感情の侵害

他人から「馬鹿」「不細工」などと罵倒されたら、誰でも嫌な気分になるでしょう。ネット上でこうした誹謗中傷が続...

風評被害対策

ネットにおける誹謗中傷と脅迫罪

ネットにおける誹謗中傷と脅迫罪

脅迫というと、体格のいい屈強そうな男が怖い顔ですごんでいるイメージがあるのではないでしょうか。法務省「平成...

風評被害対策

肖像権侵害とは?成立の基準と判例を解説

肖像権侵害とは?成立の基準と判例を解説

スマートフォンが普及し、そのカメラ機能で写真や動画を日常的に、大量に撮影できるようになりました。同時に、誰でも気軽...

風評被害対策

ネット上の誹謗中傷行為とプライバシーの侵害

ネット上の誹謗中傷行為とプライバシーの侵害

プライバシーの侵害名誉毀損や侮辱罪などの刑事責任が発生する場合だけではなく、投稿内容が対象者のプライバシー...

風評被害対策

なりすましの削除やIPアドレス開示請求

なりすましの削除やIPアドレス開示請求

誹謗中傷を行う方法として、ある人になりすます方法は、以前からよく行われてきました。例えば、Twitterに特定の女...

風評被害対策

意見ないし論評を含む表現の名誉毀損の成立要件とは

意見ないし論評を含む表現の名誉毀損の成立要件とは

かつては、名誉毀損の加害者となるのは(あるいはなれたのは)、情報発信力を持った新聞やテレビのようなマスメディアか、...

風評被害対策

自作自演やアフィリエイターのランキングサイトの削除

自作自演やアフィリエイターのランキングサイトの削除

現代では多くの人がネットを通じて商品やサービスを検索し、そこで得られる情報をもとに商品やサービスを比較し、...

風評被害対策

逮捕歴・前科の記事削除はどの程度の期間が必要か

逮捕歴・前科の記事削除はどの程度の期間が必要か

あなたの個人情報、特にあなたの逮捕歴や前科がネット検索で出てきてしまい、周囲の人に知られてしまうと、就職や...

風評被害対策

逮捕記事の削除と「忘れられる権利」「更生を妨げられない利益」

逮捕記事の削除と「忘れられる権利」「更生を妨げられない利益」

周囲に知られたくないあなたの情報が、ネット検索で出てきてしまう。特に、あなたの逮捕歴や前科を周囲の人に知られてしま...

風評被害対策

リスティング広告における商標権侵害と対策

リスティング広告における商標権侵害と対策

広告を掲載するキーワードを選び、サービスや商品に対する購入意欲の高いユーザーをピンポイントで集客することが...

IT・ベンチャーの企業法務

詐欺・騙されたと書かれたら名誉毀損で削除できるか

詐欺・騙されたと書かれたら名誉毀損で削除できるか

2ちゃんねるや5ちゃんねるなどの匿名掲示板やブログなどで、「詐欺」「詐欺会社」「あの会社に騙された」などと...

風評被害対策

トップへ戻る