弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

Tag: 記事削除

ネット上で誹謗中傷の加害者とされてしまった時に取るべき行動とは

ネット上で誹謗中傷の加害者とされてしまった時に取るべき行動とは

ネット上で誹謗中傷されたとき、風評被害者となったときの対応法について、いくつか解説記事を書いてきました。ここでは、...

風評被害対策

FC2サーバー上の掲示板の削除やIPアドレス開示請求

FC2サーバー上の掲示板の削除やIPアドレス開示請求

FC2は、ホスティングサービスをはじめとしたインターネット上のサービスを提供している企業です。中でも、「FC2ブロ...

風評被害対策

書き込みした犯人を特定する「発信者情報開示請求」とは?

書き込みした犯人を特定する「発信者情報開示請求」とは?

ネット上に、名誉毀損に該当するなど、風評被害・誹謗中傷の書き込みが行われた場合は、弁護士に依頼するなどして、迅速に...

風評被害対策

誹謗中傷対策において重要な「削除仮処分」とは

誹謗中傷対策において重要な「削除仮処分」とは

インターネットで誹謗中傷や風評被害を受けた場合、当該記事の削除を検討し、サイト運営者やサーバー運営者に対する削除請求を検討することとなりますが、内容証明などの形式で削除を求めても相手が任意に削除に応じてくれない場合、裁判所を通じて削除を求めることになります。本記事では、誹謗中傷記事の削除に関する仮処分手続を解説します。

風評被害対策

どうしても消したいGoogle検索結果を裁判所を通じて削除する方法

どうしても消したいGoogle検索結果を裁判所を通じて削除する方.

誹謗中傷ページがある場合、ページ自体を消すことは出来なくても、Google検索結果からの削除できないかについて、裁判所を通じた手続で求めることはできるのかを、グーグル検索結果削除事件などの判例を参考にしながら詳しく解説します。

風評被害対策

独自ドメイン管理者を特定する「whois」とは

独自ドメイン管理者を特定する「whois」とは

ネット上の誹謗中傷対策は、「ネット上の匿名サイトを運営する個人」という、問題の投稿を行った投稿者を始めに特定をする必要があります。 「ネット上の匿名サイトを運営する個人」を特定する手段の一つである「whois」について解説します。

風評被害対策

名誉毀損で訴える条件とは?認められる要件と慰謝料の相場を解説

名誉毀損で訴える条件とは?認められる要件と慰謝料の相場を解説

インターネット上の誹謗中傷や風評被害について、記事削除やIPアドレスの開示請求を行うためには、「その投稿は私の権利を侵害して違法である」という主張を行う必要があります。ここでは、名誉棄損が成立する場合と成立しない場合について詳しく解説しています。

風評被害対策

ネット風評被害対策の基本とは

ネット風評被害対策の基本とは

風評被害とは、「根拠のない噂のために受ける被害」のことで、ネット風評被害が発生したら、速やかに対処しなければなりません。ネット上での風評被害を確認した場合には、速やかに投稿の削除や投稿者特定など弁護士に相談して依頼することが必要です。

風評被害対策

逮捕歴や前科に関するネット記事削除のための判例や基準、方法、手続を解説

逮捕歴や前科に関するネット記事削除のための判例や基準、方法、手続.

逮捕歴や前科情報は、拡散されると大きな不利益があるため、速やかに削除に向けた行動を取ることが重要です。本記事では、どのような場合に前科等の情報を削除できるのか、判例をもとにその基準や方法・手続についても解説します。

風評被害対策

TOPへ戻る