Tag: 著作権

ITシステムの著作権問題の全体像とは

ITシステムの著作権問題の全体像とは

ITシステムの開発に関する法律問題の多くは、プロジェクトの「炎上」に関連するものです。そしてそこでは、「プロジェク...

IT・ベンチャーの企業法務

バーチャルYouTuber・VTuberの事務所所属用の契約書

バーチャルYouTuber・VTuberの事務所所属用の契約書

2017年頃から急速に注目を集めている職業にバーチャルYouTuber・VTuber という職業があります。 バ...

IT・ベンチャーの企業法務

プログラムのソースコードは著作権上誰のものか

プログラムのソースコードは著作権上誰のものか

プログラマ・エンジニアが記述するソースコード・プログラムは、著作権法上、「著作物」に該当するものです。した...

IT・ベンチャーの企業法務

プログラムにまつわる著作権侵害問題とは

プログラムにまつわる著作権侵害問題とは

「著作権問題」というと、デザイナーが手がけたロゴデザインやキャラクターデザインの剽窃の話などを真っ先に思い...

IT・ベンチャーの企業法務

バーチャルYouTuber・VTuberのクライアント案件用の契約書

バーチャルYouTuber・VTuberのクライアント案件用の契.

バーチャルYouTuber・VTuberは、YouTuberの場合と同様に、クライアント企業から依頼を受けて商品や...

IT・ベンチャーの企業法務

Twitterでの「なりすまし」と肖像権侵害

Twitterでの「なりすまし」と肖像権侵害

Twitterで自分の顔写真等を無断で使う、いわゆる「なりすましアカウント」が登場してしまった場合、どうす...

風評被害対策

パブリシティ権が発生する場合と発生しない場合

パブリシティ権が発生する場合と発生しない場合

人は誰でも、個人の私生活上の自由として、みだりに自己の容貌や姿態を撮影されたり、撮影された肖像写真を公表さ...

風評被害対策

肖像権侵害とは?成立の基準と判例を解説

肖像権侵害とは?成立の基準と判例を解説

スマートフォンが普及し、そのカメラ機能で写真や動画を日常的に、大量に撮影できるようになりました。同時に、誰でも気軽...

風評被害対策

名誉毀損・プライバシーの侵害の風評被害の時効とは

名誉毀損・プライバシーの侵害の風評被害の時効とは

インターネット上の風評被害によって「名誉毀損」や「プライバシー侵害」の被害を受けてしまった場合、その被害救...

風評被害対策

バーチャルYouTuber・VTuberの買収・事業譲渡

バーチャルYouTuber・VTuberの買収・事業譲渡

バーチャルYouTuber・VTuberは、ウェブサイトやスマホアプリなどと同様に、「事業譲渡」「買収」の対象にな...

IT・ベンチャーの企業法務

スマホアプリ買収のM&Aのストラクチャーの選択肢

スマホアプリ買収のM&Aのストラクチャーの選択肢

他社が持っている何らかのビジネスを「買収」したい、と思うケースは、企業経営者であれば誰でもあるはずです。「...

IT・ベンチャーの企業法務

Yahoo!ファイナンスの風評被害の削除や投稿者特定

Yahoo!ファイナンスの風評被害の削除や投稿者特定

Yahoo!ファイナンスは、ヤフー株式会社の運営する「Yahoo! JAPAN」の中の1サイトであり、上場...

風評被害対策

誹謗中傷対策における削除仮処分とは

誹謗中傷対策における削除仮処分とは

インターネットで誹謗中傷や風評被害を受けた場合、当該記事の削除を検討し、サイト運営者やサーバー運営者に対する削除請求を検討することとなりますが、内容証明などの形式で削除を求めても相手が任意に削除に応じてくれない場合、裁判所を通じて削除を求めることになります。本記事では、誹謗中傷記事の削除に関する仮処分手続を解説します。

風評被害対策

名誉毀損とは?成立要件と成立しない場合を解説

名誉毀損とは?成立要件と成立しない場合を解説

インターネット上の誹謗中傷や風評被害について、記事削除やIPアドレスの開示請求を行うためには、「その投稿は私の権利を侵害して違法である」という主張を行う必要があります。ここでは、名誉棄損が成立する場合と成立しない場合について詳しく解説しています。

風評被害対策

トップへ戻る