Tag: 著作権

「個人利用OK」など用途が限定されているフリー素材を使用する場合の留意点

「個人利用OK」など用途が限定されているフリー素材を使用する場合.

自社でウェブサイトを制作する場合、ボタンやアイコンにフリー素材を使用することもあるかと思います。ただ、フリー素材と...

IT・ベンチャーの企業法務

フリー素材と信じてフリー素材でない画像等を使用した場合の法的責任

フリー素材と信じてフリー素材でない画像等を使用した場合の法的責任

自社で作成をしたウェブサイトのボタンやアイコンにフリー素材を使用することもあるかと思います。その際、検索エンジンな...

IT・ベンチャーの企業法務

著作権を侵害せずに文章や画像を引用する方法

著作権を侵害せずに文章や画像を引用する方法

インターネットの発展により、近年、様々な方法によって情報発信が行われています。例えば個人では、SNSや動画配信など...

IT・ベンチャーの企業法務

オープンソース(OSS)の定義と著作権法上の注意点とは

オープンソース(OSS)の定義と著作権法上の注意点とは

IT系のエンジニア・デザイナーをはじめとする各種のクリエイターにとって避けて通れないのが、著作権の問題です。自身の...

IT・ベンチャーの企業法務

クリエイティブ・コモンズの記載のある著作物の使用する際の注意点とは

クリエイティブ・コモンズの記載のある著作物の使用する際の注意点と.

著作権上のライセンスの一種に、「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」というものがあります。Web上で見かける様々...

IT・ベンチャーの企業法務

個人エンジニアが企業との共同事業で事前作成すべき契約書

個人エンジニアが企業との共同事業で事前作成すべき契約書

当事務所は、元ITエンジニアが代表弁護士を務める法律事務所として、企業側からのみならず、エンジニア側からの法律相談...

IT・ベンチャーの企業法務

ITシステムの著作権問題の全体像とは

ITシステムの著作権問題の全体像とは

ITシステムの開発に関する法律問題の多くは、プロジェクトの「炎上」に関連するものです。そしてそこでは、「プロジェク...

IT・ベンチャーの企業法務

バーチャルYouTuber・VTuberの事務所所属用の契約書

バーチャルYouTuber・VTuberの事務所所属用の契約書

2017年頃から急速に注目を集めている職業にバーチャルYouTuber・VTuber という職業があります。 バ...

IT・ベンチャーの企業法務

プログラムのソースコードは著作権上誰のものか

プログラムのソースコードは著作権上誰のものか

プログラマ・エンジニアが記述するソースコード・プログラムは、著作権法上、「著作物」に該当するものです。したがって、...

IT・ベンチャーの企業法務

プログラムにまつわる著作権侵害問題とは

プログラムにまつわる著作権侵害問題とは

「著作権問題」というと、デザイナーが手がけたロゴデザインやキャラクターデザインの剽窃の話などを真っ先に思い...

IT・ベンチャーの企業法務

バーチャルYouTuber・VTuberのクライアント案件用の契約書

バーチャルYouTuber・VTuberのクライアント案件用の契.

バーチャルYouTuber・VTuberは、YouTuberの場合と同様に、クライアント企業から依頼を受けて商品や...

IT・ベンチャーの企業法務

Twitterでの「なりすまし」と肖像権侵害

Twitterでの「なりすまし」と肖像権侵害

Twitterで自分の顔写真等を無断で使う、いわゆる「なりすましアカウント」が登場してしまった場合、どうす...

風評被害対策

パブリシティ権が発生する場合と発生しない場合

パブリシティ権が発生する場合と発生しない場合

人は誰でも、個人の私生活上の自由として、みだりに自己の容貌や姿態を撮影されたり、撮影された肖像写真を公表さ...

風評被害対策

肖像権侵害とは?成立の基準と判例を解説

肖像権侵害とは?成立の基準と判例を解説

スマートフォンが普及し、そのカメラ機能で写真や動画を日常的に、大量に撮影できるようになりました。同時に、誰でも気軽...

風評被害対策

ネット上の書き込みへの告訴の時効とは?

ネット上の書き込みへの告訴の時効とは?

インターネット上の風評被害によって「名誉毀損」や「プライバシー侵害」などの書き込みの被害を受けてしまった場合、その...

風評被害対策

バーチャルYouTuber・VTuberの買収・事業譲渡

バーチャルYouTuber・VTuberの買収・事業譲渡

バーチャルYouTuber・VTuberは、ウェブサイトやスマホアプリなどと同様に、「事業譲渡」「買収」の対象にな...

IT・ベンチャーの企業法務

トップへ戻る