弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

Tag: 損害賠償請求

NHK「デジタル・タトゥー」第3話のIT技術・法律

NHK「デジタル・タトゥー」第3話のIT技術・法律

NHK土曜ドラマ「デジタル・タトゥー」は、インターネット上の風評被害を題材としたドラマであり、弁護士による法的手段...

風評被害対策

システム開発の契約は契約書無しでも成立するか

システム開発の契約は契約書無しでも成立するか

システム開発においては、契約書を作成する前に、開発業者が作業をすすめることが少なくありません。ただ、こうしたフロー...

IT・ベンチャーの企業法務

発信者情報開示請求の時効は?ネット書き込みで注意すべき3つの時効

発信者情報開示請求の時効は?ネット書き込みで注意すべき3つの時効

インターネット上の書き込みによって「名誉毀損」や「プライバシー侵害」などの風評被害を受けてしまった場合、発信者情報...

風評被害対策

食べログの口コミでの風評被害の削除を巡る裁判

食べログの口コミでの風評被害の削除を巡る裁判

食べログは、カカクコムグループが運営するグルメサイトです。「お店選びで失敗したくない人のためのグルメサイト」をコン...

風評被害対策

プライバシー権を徹底解説。3つの侵害要件とは

プライバシー権を徹底解説。3つの侵害要件とは

プライバシーの侵害が認められるための条件について、名誉毀損とプライバシー侵害の違いや、『宴のあと』事件・『石に泳ぐ魚』事件の裁判例におけるプライバシーの侵害との関係などを交えて詳しく解説しています。

風評被害対策

ネット上で誹謗中傷の加害者とされてしまった時に取るべき行動とは

ネット上で誹謗中傷の加害者とされてしまった時に取るべき行動とは

ネット上で誹謗中傷されたとき、風評被害者となったときの対応法について、いくつか解説記事を書いてきました。ここでは、...

風評被害対策

FC2サーバー上の掲示板の削除やIPアドレス開示請求

FC2サーバー上の掲示板の削除やIPアドレス開示請求

FC2は、ホスティングサービスをはじめとしたインターネット上のサービスを提供している企業です。中でも、「FC2ブロ...

風評被害対策

書き込みした犯人を特定する「発信者情報開示請求」とは?

書き込みした犯人を特定する「発信者情報開示請求」とは?

ネット上に、名誉毀損に該当するなど、風評被害・誹謗中傷の書き込みが行われた場合は、弁護士に依頼するなどして、迅速に...

風評被害対策

誹謗中傷対策において重要な「削除仮処分」とは

誹謗中傷対策において重要な「削除仮処分」とは

インターネットで誹謗中傷や風評被害を受けた場合、当該記事の削除を検討し、サイト運営者やサーバー運営者に対する削除請求を検討することとなりますが、内容証明などの形式で削除を求めても相手が任意に削除に応じてくれない場合、裁判所を通じて削除を求めることになります。本記事では、誹謗中傷記事の削除に関する仮処分手続を解説します。

風評被害対策

ネット風評被害対策の基本とは

ネット風評被害対策の基本とは

風評被害とは、「根拠のない噂のために受ける被害」のことで、ネット風評被害が発生したら、速やかに対処しなければなりません。ネット上での風評被害を確認した場合には、速やかに投稿の削除や投稿者特定など弁護士に相談して依頼することが必要です。

風評被害対策

TOPへ戻る