弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

Tag: 労働問題(会社側・使用者側)

進むテレワーク 出社社員と在宅社員での給与格差は認められるのか

進むテレワーク 出社社員と在宅社員での給与格差は認められるのか

テレワークの利用者が多い東京都が2021年3月に公表した「多様な働き方に関する実態調査」では、従業員30人以上の企...

IT・ベンチャーの企業法務

偽装派遣にならないための「SES契約」のチェックポイント

偽装派遣にならないための「SES契約」のチェックポイント

SES契約は、ITエンジニアの人材不足解消のために、日本のIT業界で重要な役割を果たしています。ただ、SES契約は...

IT・ベンチャーの企業法務

従業員を引き抜いた会社に対し損害賠償請求できるケースは?

従業員を引き抜いた会社に対し損害賠償請求できるケースは?

従業員が、自分の意思で転職することは憲法第22条で保障されている「職業選択の自由」にあたり、問題になるものではあり...

IT・ベンチャーの企業法務

副業制度を認める上で見直すべき企業の就業規則とは

副業制度を認める上で見直すべき企業の就業規則とは

これまで日本の会社では、副業が禁止されていることが通常でした。もっとも、現在「働き方改革」などの影響を受け、大手企...

IT・ベンチャーの企業法務

キャリコネにネガティブな口コミを書いた相手は特定できるのか

キャリコネにネガティブな口コミを書いた相手は特定できるのか

キャリコネとは、企業の評判や口コミが載っている転職・就職情報サイトです。企業のリアルな評判を知ることができ、とても...

風評被害対策

キャリコネのネガティブな口コミを削除したい時の方法

キャリコネのネガティブな口コミを削除したい時の方法

キャリコネとは、転職や就職に役立つ情報サイトです。企業名を検索して、その会社の評判や口コミをチェックすることができ...

風評被害対策

会社での私用メールを理由とした懲戒解雇の有効性の判断とは?

会社での私用メールを理由とした懲戒解雇の有効性の判断とは?

従業員に対する懲戒解雇を、理由無く行う事はできません。懲戒事由が存在する場合に、その悪質性などに基づく適正な懲戒を...

IT・ベンチャーの企業法務

同業他社転職禁止条項の有効性に関する裁判例・事例とは

同業他社転職禁止条項の有効性に関する裁判例・事例とは

労働契約においては、労働者の労働義務と使用者の賃金支払義務という基本的な義務のほかに、付随的な義務も発生しますが、...

IT・ベンチャーの企業法務

雇用契約書を渡された場合の要チェックポイントとは

雇用契約書を渡された場合の要チェックポイントとは

働いたことがある人であれば、雇用契約書を締結したことがあると思います。ただ、雇用契約書について、渡された段階で、内...

IT・ベンチャーの企業法務

裁量労働制とは?プログラマーに適用可能なのか?

裁量労働制とは?プログラマーに適用可能なのか?

近年、働き方改革が叫ばれ、テレワークや在宅ワークなど、様々な働き方が注目を集めています。そのような様々な働き方の中...

IT・ベンチャーの企業法務

雇用契約書の競業避止義務で同業他社への転職を禁止できるのか?

雇用契約書の競業避止義務で同業他社への転職を禁止できるのか?

従業員が、転職する場合に生じる企業のリスクとして、企業の情報やノウハウが社外に持ち出されて利用されることが考えられ...

IT・ベンチャーの企業法務

IT業界の派遣と請負の区別にかかわる法律と裁判の事例について

IT業界の派遣と請負の区別にかかわる法律と裁判の事例について

IT系のプロジェクトでは、多数の会社の人材がひとつのプロジェクトに駆り出され、参画する場合が多くみられます。そうし...

IT・ベンチャーの企業法務

拒否されない退職合意書の書き方や締結するポイントを解説

拒否されない退職合意書の書き方や締結するポイントを解説

従業員が退職する際には、様々なリスクが発生します。中には不当な金銭の支払請求、企業の情報やノウハウの社外流出・不正...

IT・ベンチャーの企業法務

TOPへ戻る