弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

風評被害対策

マンションレビューにおける風評被害対策とは?

風評被害対策

マンションレビューにおける風評被害対策とは?

不動産を購入したり、物件を借りたりする際に、情報が取得しづらいなと思った経験は無いでしょうか?例えば、不動産市場の動向や価格・賃料の決定プロセスなどは決断する際の参考にしたいところですが、中々こうした情報は手に入れられません。担当営業マンや不動産会社に問い合わせれば答えてくれますが、いちいち聞かないと入手できない現状にストレスを感じている方は多いでしょう。このような不動産取引における不動産会社と消費者のギャップを埋めるために設立されたのが「マンションレビュー」です。その地域の他物件等と比較して算出したマンション偏差値という独自の情報を発表しているほか、マンション利用者からの口コミもご覧いただけます。不動産の購入・賃貸を検討中の方にとっては、非常に便利なサイトだといえるでしょう。ただ、口コミサイトとなると、問題になるのが誹謗中傷の口コミや風評被害です。本記事では、マンションレビューの風評被害の投稿や対策法に関して説明します。

マンションレビューとは?

株式会社グルーヴ・アール (GROOVE.R CO.LTD)が運営する、データ量と充実のコンテンツが強みのマンション情報提供サイトです。全国のマンション・アパートの過去の販売価格や賃貸価格が見られるほか、買おうとしているマンションの現時点での適正価格もチェックできるなど、不動産価格・相場のデータベースサイトとして、適正な価格での購入・賃貸を実現できるよう、サポートしてくれます。また、物件の口コミや概要、画像、地図情報なども確認できるので、物件をお探し中の方にもおすすめと言えるでしょう。物件を偏差値で評価しており、各地域内でのランキングの閲覧も可能です。物件所有者の方にも、売買や賃貸時の査定を無料で行ってくれます。その他にも、不動産購入体験記や不動産購入ノウハウなども展開しています。マンションレビューひとつで、不動産購入・賃貸でお困りの方の悩みを全て解決してくれるはずです。「顧客満足度の高さ」「情報収集のしやすさ」「口コミの信頼性」の調査において、全て1位を獲得し、不動産相場・口コミサイトの三冠を達成しています。口コミの投稿や閲覧は、会員登録が必要なのでご注意ください。

マンションレビューで考えられる風評被害

マンションレビューにて生じやすいネガティブな口コミとは?

マンションレビューにおける口コミの役割は、「不動産取引の助けとなるマンション情報を提供すること」です。しかしながら、物件に対する批判的な口コミが投稿されることがあります。口コミというのは投稿者の主観によるところが大きく、良い面だけでなく悪い面が含まれるのは致し方ありません。ただ、プライバシー侵害や特定の物件・人物への誹謗中傷が許されているわけではないのです。マンションレビューの「投稿マナー」では、以下のような投稿はしてはいけないと明記されています。

  • マンション、人、地域、企業への攻撃、中傷、批判
  • 事実かどうかわからない風評の書き込み

「住民の質が低いため夜中の騒音がひどい」と言う口コミ

例えば、「住民の質が低いため、夜中の騒音がひどい」と書き込まれたとしましょう。この投稿は明らかに住民に対する批判に該当しますし、そもそも住民の質が低いと断言できる客観的な根拠を挙げるのは難しい内容です。個人の印象や捉え方によって内容が変わるものを断定的に論ずることは、不当に住民を傷つけることを指します。その物件に住んでいる常識的な人までマナーの悪い人だと近隣住民などから思われる恐れもあり、風評被害を生む可能性もあるので、こうした投稿を行ってはいけません。

「管理人や不動産管理会社の管理が行き届いていない」と言う口コミ

また、「ごみ収集ボックスの蓋が壊れてしまい、半年たってからやっと交換された。管理が行き届いていない」という口コミも、不動産管理会社や管理人への批判に該当します。「ごみ収集ボックスの蓋の交換が壊れてから、半年後になった」という内容は事実なので、問題ありません。ただ、「管理がなっていない」とまで言うのは、根拠のない憶測での批判に該当します。管理会社等への風評被害につながり、最悪この投稿が原因で廃業になる恐れもあります。事実がどうか分からない風評の書き込みとは、こういうことです。批判的な投稿をする際は、事実かそうでないか線引きをしっかりしましょう。

物件についてネガティブな書き込みをする際は、対象物に対して攻撃的な投稿になってしまいがちです。怒りや残念な思いからそういった行動が生まれるのですが、ぐっと感情を抑えることが必要です。相手にも何か事情があったのかもしれませんし、相手の立場に立って考えれば「仕方ないな」と思えるかもしれません。不要なトラブルを生まないためにも、攻撃的・差別的な投稿を避けましょう。

マンションレビューの口コミを規約違反で削除する方法

自分の管理するマンションや住んでいるアパートへの攻撃的な内容の口コミを発見してしまったら、一刻も早く削除したいと思うはずです。口コミを削除する際は、まずサイト側に削除申請を行いましょう。いきなり裁判所に申し立てて事を荒立てるより、当事者間で解決できればそれが一番です。マンションレビューの口コミを削除するには、お問い合わせフォームから削除依頼を行う必要があります。「4・投稿削除依頼について」を選び、必要事項を記入してください。

マンションレビューお問い合わせ画面より

ただ、削除依頼をしたからといって、必ず削除してもらえるとは限りません。グルーヴ・アール社が確認を行い、削除の必要が無いと判断した口コミは削除されません。依頼のあった件に関して削除したかどうかの報告もしないとのことなので、依頼から一定期間経っても削除されず残っているのであれば、対応不可であると推察しましょう。削除依頼の際は、利用規約の禁止事項に該当することを伝えると、成功する確率が高まるでしょう。

禁止行為
当社は、本サービスにおいて、利用者が以下の事項に該当する、もしくはそのおそれがあると当社が判断した行為を行うことを禁止します。利用者が以下に掲げる事項を含むコメントを投稿したと当社が判断した場合は、当社の裁量により予告なく削除・編集を行うか、掲載をしないことがあります。なお、当社は、削除・編集をしたことについて、当該利用者に対して報告は致しません。


利用規約(抜粋)https://www.mansion-review.jp/agreement/
マンションレビュー利用規約より抜粋
マンションレビュー利用規約より抜粋

例えば、「この物件は壁が薄いから隣の声が聞こえてきて安心して住めない」という書き込みなら、壁が薄いかどうか実際に測ってみて比較したわけではないでしょう。事実に基づかない投稿といえ、「2.事実かどうか確認出来ない内容を本サービスに書き込む、または送信する行為」に該当する可能性が高いでしょう。また、実際には外国人が住んでいないのに「外国人が多いのでゴミ出しのマナーがなっていない」という口コミをしたのなら、シンプルに嘘の投稿として「1.事実と反する内容を本サービスに書き込む、または送信する行為」に抵触する可能性が高いです。

マンションレビューの口コミを違法で削除請求する方法

マンションレビューで違法に当たる口コミに対処するための措置について説明していきます。

違法の場合、名誉毀損を主張するのが一般的です。名誉毀損が成立するためには、不特定多数が閲覧できる環境で、相手の社会的信用を損なうような事実を指摘することが必要です。この事実は嘘である必要があり、指摘されたことが真実である、真実だと信じるのに正当な理由があると認められる場合、名誉毀損は成立しません。名誉毀損の成立要件に関しては、下記記事で詳しく解説されています。

[blogcard url=”https://monolith-law.jp/reputation/defamation”]

例えば、「202号室の住人が別の部屋をのぞき見しているところを発見した」という投稿の場合、住居侵入罪や軽犯罪法違反に該当するため、社会的信用を落とす口コミといえます。この事実が真実でなければ、名誉毀損が成立する可能性が非常に高いです。

仮処分による削除

裁判所を通じて違法による削除請求をする場合、仮処分の申し立てを行うのが一般的です。仮処分とは裁判に比べ簡易な手続きであり、早ければ1か月程度で結論が出て、裁判所からサイト側に削除命令を出してくれます。風評被害の拡大を防ぐには一刻も早く該当の口コミを削除しる必要があるので、仮処分による迅速な対応を取るケースが増えています。ただ、裁判を行わないとはいえ、どのような権利が侵害されているか、なぜ侵害されているといえるのか等、法的な主張が必要です。こうした主張を素人だけで行うのは厳しいので、弁護士に依頼することをおすすめします。

[blogcard url=”https://monolith-law.jp/reputation/provisional-disposition”]

仮処分による投稿者特定

あまりにも内容がひどすぎる場合等、削除だけでは気持ちがおさまらずに損害賠償請求したいと考えることもあるでしょう。仮処分では、誹謗中傷の口コミの投稿者を特定することが可能です。まず、サイト側に投稿者のIPアドレスを開示するよう求めます。要求が認められIPアドレスを入手出来たら、次はプロバイダに対してプロバイダ責任法に基づく情報開示請求を行います。二段階の手続きが必要なので手間はかかりますが、再発防止にもつながるため、より根本的な解決策といえるでしょう。

[blogcard url=”https://monolith-law.jp/reputation/disclosure-of-the-senders-information”]

まとめ

マンションレビューの風評被害に対する対処法について、主に解説してきました。サイトに削除請求する場合、サイト上のお問い合わせフォームから依頼できます。ただ、サイト側が問題ないと判断すると要求が却下されるため、次は裁判所に対して違法を主張することになります。仮処分による削除、もしくは投稿者特定の手続きをする流れですが、どちらの場合も法的な主張が必要なので、ネットの誹謗中傷に強い弁護士に依頼することをおすすめします。

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所は、IT・インターネット・ビジネスに強みを持つ、東京・大手町の法律事務所です。

シェアする:

TOPへ戻る