パブリシティ権が発生する場合と発生しない場合

人は誰でも、個人の私生活上の自由として、みだりに自己の容貌や姿態を撮影されたり、撮影された肖像写真を公表されたりはしないという人格的利益、つまり人であれば当然有している権利を有しており、これは肖像権として法的に保護されて … 続きを読む パブリシティ権が発生する場合と発生しない場合