弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

風評被害対策

ペイターズPJ地雷掲示板のコメントを削除する方法

風評被害対策

ペイターズPJ地雷掲示板のコメントを削除する方法

paters(ペイターズ)というアプリをご存じでしょうか。ペイターズは、パパ活を希望している女子と男性のマッチングアプリとして主に利用されています。

ペイターズでドタキャンや詐欺などの迷惑行為があった場合には、「ペイターズ PJ地雷 掲示板」にコメントを投稿されてしまうことがあります。

また、実際に迷惑行為をしていなくても、行き違いや誤解からトラブルに発展し、悪質な書き込みをされてしまうリスクもあります

本記事では、ペイターズPJ地雷掲示板に悪質なコメントを書き込まれてしまった場合に、そのコメントを削除する方法について解説します

ペイターズPJ地雷掲示板とは

この掲示板は、ペイターズで、ドタキャンなどの迷惑行為をしているパパ活女子やパパを「地雷」として晒す掲示板です。ペイターズの登録名、プロフィールやメッセージのやりとりのスクショなどが載せられていることが多いです。

ペイターズPJ地雷掲示板は「東南アジアで運用されている」とのことですが、運営者については明記されていません

パパ活女子であれば「ドタキャン」「写真詐欺」、パパの場合は「約束していたお金を支払わない」「無理やり接触しようとする」などの理由で書き込まれてしまうケースが多いようです。

ただ、「要求に応じなかった」などの理由で逆恨みされて、個人情報や写真などを載せられてしまうこともないとは言えません。

顔写真を晒された上に、悪質な書き込みをされてしまった場合、日常生活にも悪影響を及ぼす可能性があります

削除依頼フォームから削除依頼する

ペイターズPJ地雷掲示板に不本意な書き込みをされた場合は、まず削除依頼フォームから削除依頼を行いましょう。

削除依頼フォーム

このフォームに必要事項を記入し、身分証明書を添付して削除依頼をすることができます

ただ、ペイターズPJ地雷掲示板のサイト説明のページには、

投稿内容に問題があり、削除を希望される場合には、削除依頼フォームからお知らせ下さい。ただし、本システムは営利サービスではなく、情報共有のための無料掲示板のため、客観的合理性を有する依頼でなければ対応ができません。また、対応が常時速やかにできるわけでもないことにはご留意頂けたらと思います。

本サイトについて

と記載されていますので、削除依頼をしたとしても、常に削除してもらえるわけではなさそうです

また、2021年4月現在、削除依頼フォームに、

※東南アジア全域で、罰則規定を伴う極めて厳格な都市封鎖が続いており、本フォームの確認ができません。恐れ入りますがご理解頂きますようお願いします。

との記載があるため、削除の可能性はさらに低くなっているかもしれません

Googleの検索結果削除手続を行う

ペイターズPJ地雷掲示板に削除依頼を申請しても、書き込みを削除してもらえなかった場合は、そのページへのアクセスを減らすことで被害を食い止めるという方法があります

具体的には、Googleの検索結果からそのページを削除することで、検索して該当ページへアクセスする人をなくすことができます。

Googleへ検索結果削除申請を行う

Googleの「Legalヘルプ」→「法的な理由でコンテンツを報告する」→「リクエストを作成」ボタンを押し、削除申請を行うことができます。

ただ、削除するかどうかの判断はGoogleが行いますので、削除してもらえない可能性もあります


法的な理由でコンテンツを報告する

なお、下記の通り注意書きがあり、削除依頼者の氏名等が公開されるとのことですので、ご注意ください。

Google が受領した法的な通知はすべてその写しが Lumen プロジェクト(lumendatabase.org (英語))に送付され、公開されたり注釈を付けられたりすることがありますのでご了承ください。なお、送信者の連絡先情報(電話番号、メール アドレス、住所など)は Lumen によって削除されますが、氏名・会社名・団体名などは公開されますので予めご了承ください公開された通知の参考画像)。また、通知の原本を侵害者とされる相手、またはお送りいただいた申し立ての有効性が疑わしいと判断する理由がある場合は権利所有者に送付することもあります。また、お送りいただいた通知について同様の情報を Google の透明性レポートに公開する場合もあります。このレポートについて詳しくは、こちらをご覧ください。

Goggleからコンテンツを削除する

検索結果削除の仮処分申し立てを行う

Googleへ検索結果の削除申請を行っても削除されない場合は、裁判所へ検索結果削除の仮処分申し立てを行うことができます

仮処分とは、裁判所が決定する暫定的な処置ですが、通常の裁判より結果が早く出るのが特徴です。

Googleは、Google LLCという米国の法人により運営されているため、日本法人に対して申立てを行う場合と比べると、弁護士費用が20万円程高くなることが多いでしょう。証拠の英訳や米国での登記取得が必要となるためです。

最高裁では、検索結果を削除する必要性が、公表する必要性を明らかに上回る場合には削除を認めるという決定が出されています(最決平成29年1月31日)。

ただ、これを立証して裁判所に認めてもらうのは簡単な手続ではありませんので、こうした案件に強い弁護士へ依頼して行うのが安心です。

Googleの検索結果削除申請について、詳しくは以下をご参照ください。

まとめ

ペイターズPJ地雷掲示板に悪質な書き込みをされてしまった場合、まずは削除依頼フォームから削除依頼をしてみましょう。

ただ、削除依頼をしても削除してもらえるとは限りません。その場合、Googleの検索結果を削除することでアクセス数を減らすという方法があります。

まずはGoogleへ削除申請を行い、それでも削除されない場合は、裁判手続で削除を申請することになります。

この裁判手続には、インターネットや関連する法律についての高度な専門知識が必要です。

ペイターズPJ地雷掲示板における悪質な書き込みにお悩みの場合は、被害が拡大する前になるべく早く弁護士へ相談しましょう

当事務所による対策のご案内

モノリス法律事務所は、IT、特にインターネットと法律の両面に高い専門性を有する法律事務所です。

近年、ネット上に拡散された風評被害や誹謗中傷に関する情報は「デジタルタトゥー」として深刻な被害をもたらしています

当事務所では「デジタルタトゥー」対策を行うソリューション提供を行っております。

詳細な情報は、下記記事をご参照ください。

弁護士 河瀬 季

モノリス法律事務所 代表弁護士。元ITエンジニア。IT企業経営の経験を経て、東証プライム上場企業からシードステージのベンチャーまで、100社以上の顧問弁護士、監査役等を務め、IT・ベンチャー・インターネット・YouTube法務などを中心に手がける。

シェアする:

TOPへ戻る