風評被害対策

爆サイ.comの誹謗中傷を書き込んだ犯人を特定する方法とは

風評被害対策

爆サイ.comの誹謗中傷を書き込んだ犯人を特定する方法とは

爆サイ.comは、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)に次ぐ規模を誇る匿名掲示板です。掲示板が地域ごとに分けて設置されていることに最大の特徴があり、ローカルな話題が書き込まれやすいといえます。それ故、地域にある店舗や住んでいる人の個人情報や誹謗中傷が書き込まれることが多くあります。そこで、爆サイ.comに誹謗中傷を書き込まれた場合に犯人を特定するための方法について説明します。

爆サイ.comにおける投稿者特定の意味

爆サイ.com へ繰り返し悪質な投稿がなされる場合には投稿者を特定し、投稿をやめてもうらう必要があります。

爆サイ.comに誹謗中傷の書き込みをされた場合、問題の投稿の削除を求めるだけでなく、投稿をした犯人を特定することがあります。これを、投稿者の特定といいます。特に、同種の投稿が執拗に繰り返されているような悪質なケースでは、投稿を削除してもまた書き込まれることの繰り返しで解決しにくいといえます。このような場合には、投稿している犯人をつきとめて投稿自体をやめさせる必要があります。また、悪質な投稿については慰謝料請求ができる場合があります。そのために、まず投稿者を特定するということもあります。なお、爆サイ.comに書き込まれた誹謗中傷を削除する方法に関しては、下記記事にて詳細に解説しています。

投稿者特定のための手続

投稿者を特定するための手続は、法律上、発信者情報開示請求といいます。この発信者情報開示請求がどのような手続であるかを次に説明します。

発信者情報開示請求の流れ

匿名掲示板の場合、投稿するにあたって投稿者が個人情報を登録する必要はありません。このため、掲示板の管理者は投稿者がだれであるかを直接把握していません。これは、爆サイ.comについてもあてはまります。投稿者の個人情報を保有している可能性があるのは、投稿者が誹謗中傷の書き込みをした際に利用したインターネットサービスプロバイダ(携帯電話会社など)です。したがって、投稿者を特定するためにはまず、誹謗中傷の書き込みに利用されたインターネットサービスプロバイダを特定する必要があります。インターネットサービスプロバイダを特定するためには、爆サイ.comの管理者から問題の投稿に関するIPアドレスおよび投稿した日時を示すタイムスタンプを開示してもらいます。そして、WhoisというIPアドレスやドメインの登録情報を提供するサービスを利用して管理者から開示を受けたIPアドレスを検索すれば、投稿に利用されたインターネットサービスプロバイダが判明します。そのうえで、投稿者が利用したインターネットサービスプロバイダに対して、問題の投稿を行った利用者の個人情報の開示を求めるというのが一般的な流れです。

まとめると、以下のとおりです。

  1. 爆サイ.comからIPアドレスとタイムスタンプを開示してもらう
  2. Whois検索により投稿者が利用したインターネットサービスプロバイダが判明
  3. インターネットサービスプロバイダに対して投稿者の個人情報の開示を求める

発信者情報開示請求に関しては、下記記事にて詳細に解説しています。

仮処分による発信者情報開示請求

発信者情報開示請求の一連の手続のうち上でいう3の手続においては、被害者が直接開示を求めてもまず応じてくれることはありません。なぜなら、インターネットサービスプロバイダにとっては顧客の個人情報は秘匿性の高い情報であるためです。したがって、投稿者の特定については裁判所を通じて手続をする必要があります。上でいう1の手続である、IPアドレスの開示請求に関しては爆サイ.comの場合、裁判手続を利用しなくても開示に応じてもらえることもあります。もっとも、管理者の判断によっては開示されない場合もあるため、後で説明する厳しいタイムリミットを考慮するとより確実に開示を実現できる仮処分の手続を利用することが得策です。仮処分とは簡略な裁判手続であり、結論が出るまでに約1カ月程度と比較的短期に開示を実現できる可能性があります。ただし、投稿者を特定するための最後の段階であるインターネットサービスプロバイダに対する投稿者の個人情報の開示請求は、一般的に仮処分は利用できず通常の民事裁判の手続となります。したがって、最終的に投稿者の個人情報を入手できるまでには1年程度を要することがあります。

爆サイ.comの運営者とは

爆サイ.comの運営者情報は公式には明らかにされていませんが、連絡先は一応サイト上に記載されています。

爆サイ.comの運営者情報 画面より

ただし、爆サイ.comでは投稿者情報の開示に関して「情報開示につきましては、早急に警察機関等へご連絡頂けますようお願い申し上げます。警察機関からの依頼につきましては、ほぼ100%対応させていただいております。」としています。

爆サイ.comにおける「よくある質問」より抜粋しております。

したがって、実際には被害者本人がメール等で爆サイ.comに対してIPアドレス開示請求を行っても受け付けられないことが多いと思われます。爆サイ.comでは弁護士用の問合せ窓口が設置されており、少なくとも護士からの開示請求には応じる運用になっています。後で説明するように投稿者特定の手続には厳しいタイムリミットがありますので、自分で手続を進めるよりも最初の段階から弁護士に依頼することをおすすめします。

投稿者の特定が困難な場合とは

投稿者の特定は、ログ保存期間が短いため直ちに法的措置を講じることが必要となります。

爆サイ.comの管理者からIPアドレス等の開示を受けても、投稿者が特定できない場合があります。大きく分けると、投稿者が誹謗中傷を投稿するのに利用したサービスに問題がある場合とインターネットサービスプロバイダが利用者を特定できなかった場合です。

投稿者が誹謗中傷を投稿するのに利用したサービスに問題があるケース

例えば、投稿者が誹謗中傷の投稿をするにあたり登録不要の公衆Wi-Fiを利用していた場合には、そのWi-Fiを提供しているプロバイダは投稿者の個人情報の保有していないので投稿者の特定をすることができないことになります。投稿者がネットカフェから誹謗中傷の書き込みをしているような場合にも同じことがいえます。投稿者が利用したインターネットサービスプロバイダが直接契約しているのはネットカフェとなりますので、プロバイダは実際に投稿した人の個人情報がわかりません。そして、ネットカフェは通常、利用者がどのようなサイトにアクセスしたか等の情報は保有していないのです。このため、誹謗中傷の投稿がネットカフェで書き込まれている場合には投稿者の特定は難しくなります。さらに、投稿者が誹謗中傷の書き込みをする際に、自分の情報が特定されることを避けるため意図的に海外プロクシサーバーを経由していることがあります。先ほど説明したWhoisを利用したIPアドレスの検索結果において、tor、proxy、tor+vpnなどと表示されるものがそれです。この場合には、それ以上の追跡は諦めざるを得ません。

インターネットサービスプロバイダが利用者を特定できないケース

先ほども説明したとおり、インターネットサービスプロバイダはIPアドレスとタイムスタンプによって投稿者を特定することが一般的です。ところが、場合によってはインターネットサービスプロバイダからIPアドレスとタイムスタンプだけでは特定できないとして追加の情報を求められることがあります。
特にインターネットサービスプロバイダが携帯電話会社の場合には「接続先IPアドレス」などを追加で求められる事例があります。携帯電話会社では、同一の日時に多数の携帯端末が同一のIPアドレスを利用するということがあり得るため、IPアドレスとタイムスタンプだけでは投稿者を特定することが困難となるのです。もっとも、同じ日時に同一のIPアドレスを利用した携帯端末のアクセス先までが同一である可能性は低いため、アクセス先のIPアドレスである「接続先IPアドレス」がわかれば投稿者を特定できることがあるのです。爆サイ.comの場合は、弁護士からサイト管理者に接続先IPアドレスの開示を求めれば応じてもらえることが多いです。

もっとも、接続先IPアドレスによっても投稿者が特定できないことがあります。この場合には、さらに携帯電話の個体識別番号等の情報を取得して特定を試みることになります。ただし、このような方法によっても確実に投稿者の情報を開示してもらえるとは限らず、あきらめざるを得ないケースが存在するのも事実です。投稿者の特定が難しいケースに関しては、下記記事にて詳細に解説しています。

ログ保存期間からみた発信者情報開示請求のタイムリミット

インターネットサービスプロバイダは、IPアドレスやタイムスタンプから顧客である投稿者を特定するための接続ログを保存しています。発信者情報開示請求を受けた場合、インターネットサービスプロバイダはこの接続ログを利用して投稿者を特定することになります。ただし、接続ログの保存期間は短く、携帯電話会社の場合には投稿から約3カ月といわれます。また比較的ログの保存期間が長い固定回線の場合でも保存期間は約1年とされます。したがって、少なくとも爆サイ.comからIPアドレスの開示を受けてインターネットサービスプロバイダを割り出してプロバイダに連絡をするところまでを、ログの保存期間内に行う必要があります。インターネットサービスプロバイダが判明すれば、ログの抹消禁止を求める仮処分を申し立てることによりログの消滅を防ぐことができますし、プロバイダによっては仮処分によらなくてもログの保存に応じてくれることもあります。

まとめ

投稿者の特定については、ログ保存期間が短いため誹謗中傷を受けたことが判明したら直ちに法的措置を講じることが必要です。また、投稿者の特定にあたっては法的な知識だけでなくインターネットの仕組みに関する技術的な知識も必要となります。したがって、爆サイ.comの投稿者の特定について弁護士に依頼する場合には、IT分野に関する知識や経験を有する弁護士に依頼した方が安心です。

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所は、IT・インターネット・ビジネスに強みを持つ、東京・大手町の法律事務所です。

シェアする

トップへ戻る