メンバーの声

徳山未来(経理・提案資料作成・データ等整理)

早稲田大学卒。専門学校に通った後に就職した税理士事務所からの転職の末、2019年8月現在で2年弱、モノリスで働いています。前職が税理士事務所勤務だったこともあり、入所時は即戦力の経理担当として、会計入力や請求書の発行、預り金管理、税理士との連絡や労務を担当していました。現在はそれらに加え、新規クライアント向けの提案資料作成や、法務の中で、法律の知識が無くても可能な範囲でのデータ等の整理、採用活動にも関わっています。

決められたフローを「こなす」のではなく、自分の手でフローを「つくる」環境。

前職で無理な働き方をして体調を崩してしまい、休養していた時に友人の紹介でモノリスを知りました。入所の決め手は2つです。1つ目は、当時モノリスに経理担当者がいなかったことから、自分の前職での知識や経験を活かせると考えたから。2つ目は、面談時に感じた、「新しいものはメリットがあれば積極的に取り入れて、無駄のない合理的な選択ができる体制」です。

入所してすぐは、経験を活かしながら経理業務に専念しました。私の入所前には経理の専任がいなかったので、自分の手であらゆる業務のフローを整え、ルーティン化する必要がありました。

スタッフの「得意」を他者目線で発見し、「適材適所」の働き方を実現する。

経理業務のルーティン化が進んで時間に余裕が生まれたので、何か他に出来ることはないか?と考えていました。その時、河瀬から「徳山さんはどうやら、言葉のパズルや、文章で人の心を動かすためのアイディアを出すことが得意なようなので、提案資料の作成をやってみてくれませんか?」と声を掛けられました。自分でも「どういう表現をしたら相手の心を掴めるだろうか?」というようなことを考えるのが好きですし、得意だという自覚はありました。しかし、それを生業にする編集者などが適職かというと、それはどうも違うという想いを持っていて、仕事としては経理業務に邁進していました。そこに、河瀬からの一言で、新規クライアントに向けたプレゼン資料作成などの「相手の心を動かす言葉のパズル能力」が必要とされる業務にチャレンジすることになったのです。

うっすらと自覚はありながらも業務に活かし切れていなかった部分を見出してもらい、自分に合ったタスクを任せてもらえる環境であることに感謝しています。河瀬は一見放任しているようで、実はよくスタッフの様子やスキルを見ているので、「適材適所」の配置はモノリスの特徴だと言えると思います。

自律的に働けるから、ワークライフバランスは取りやすい。

ワークライフバランスは非常に取りやすいです。事務所としてのコアタイムは10時から17時ですが、入所時に相談して、出社時間をある程度自分で決めることが出来ます。人によって朝型の人もいれば、そうではない人もいますよね。私は後者なので、1時間ずらして11時から18時で出社しています。また、自宅などでリモートワークをすることもあります。他の会社や業種にも言えることですが、”職場に来ないとできない業務”って、特にホワイトカラーにおいてはそんなに無いんですよね。モノリスでは、事務員とパラリーガルのほぼ全員がリモートワークを取り入れています。個々人の事情や環境に合わせて自律的に働くことを推奨する風土です。明確な規則で縛るよりも、各人にとって最も効率よく成果をあげられると思います。

上記のような環境だからこそ、「自分で調べて、ある程度自分で結論出せる人」、「タスク管理や業務のロードマップを描くところを自分でできる、自律的な人」と働きたいなと思います。

大島友梨子(広報・翻訳・総務)

中央大学卒。教育サービスの受付事務、ソフトウェア会社の総務人事部、建設系会社の経営管理部、税理士法人事務所でのクライアント側経理業務など、さまざまな職を経験したのちにモノリスに入所。2019年8月現在で勤続8カ月です。現在は、モノリスHPのブログ編集担当(CMO)、ブログSEO対策、訴訟書類英訳、総務事務、秘書補助などさまざまな業務を担当しています。

最先端のIT・インターネットビジネスに関わることができ、未経験でもチャレンジできる。

前職の税理士法人事務所では、法律事務所の経理を担当していました。当時はクライアントとして法律事務所に接していたのですが、そのうち自分で法律事務所の中に入って経理をしてみたいと考えるようになり、転職を考えていました。そんな時、転職サイトでたまたまモノリスの求人を見つけて、応募したのがきっかけです。

入所の決め手は、2つあります。1つ目は、フラットなコミュニケーションで未経験でも仕事を任せてもらえる風通しの良さです。面談がとてもフランクで、「同い年同士のおしゃべりみたい」と思ったのを覚えています。2つ目は、今の時代に沿った「IT・インターネットビジネスに特化した法律事務所」である点です。モノリスのクライアントのほとんどがITベンチャー企業です。時代の最先端にいる人たちと関われるということに、単純にわくわくしました。

部署の垣根がなく、自学自習で自分の「得意」を伸ばしていける成長環境。

現在行っている業務は、面接中に河瀬から「大島さんのできるポジションはここかな」というのを提案してもらったものが多いです。「この人はこの業務」という決まりがなく、河瀬が日ごろのコミュニケーションや業務の様子からその人の得意不得意を見抜き、その人に合った仕事をカスタマイズしていくというのは、モノリスの特徴と言えます。

例えば、現在担当しているSEO対策は、記事をCMSに流す作業をしていた際に画像の貼り方を褒められたのがきっかけで担当するようになりました。SEO担当になってから、全く知らなかったグーグルアナリティクスも自学自習しています。見出してもらった「得意」を伸ばすための自学自習ができる人であれば、自然とできることが増えて楽しめるかと思います。また、わからないこともチャットですぐに聞ける風通しのよい雰囲気であるため、やる気さえあれば「得意」を伸ばしやすい環境です。

部署の垣根がなくマルチプレイヤーにならざるを得ないので、業務の全体像を把握する力がついたと思います。

雰囲気・制度の両面で子育てとの両立がしやすい。

成長環境で自学自習が必要とはいえ、雰囲気の面でも、制度の面でも子育てとの両立はしやすいです。

雰囲気の面では、残業もあまりないですし、「帰宅時のプレッシャー」とは無縁です。私には小学生と保育園に通う子供が2人いるのですが「雨の時とか、お子さんの送り迎えが忙しいなら好きな時間に出社してください」と河瀬に言われたこともあります。人数が少ないので日ごろからコミュニケーションが盛んで、お互いに対する理解がありますし、「休むときは休んで、メリハリをつけて働こう」という意識をみんなで共有しているのです。

制度としては、時間と作業内容を申請すれば週1回ほど自宅作業申請が可能なので、活用しています。ブログの編集やSEO対策など、自宅でできる作業は自宅で行います。この制度を活用することで、子どもたちのお迎えが早くいけますし、料理もきちんとつくる余裕を持つことが出来ています。そのうえ、業務面でも自宅とオフィスで作業内容を割り振ることでバランスをとることができています。

自律的に働くことが出来る人なら、プライベートとバランスをとりながら、自分の「得意」を伸ばすことができる場所です。部署の垣根が無い分、日ごろのコミュニケーションや助け合いの精神が大切です。成長意欲があって自律的に働くことのできるだけでなく、思いやりの心をもった仲間と働きたいなと思います。

谷川智(アソシエイト弁護士)

明治大学・大学院卒。弁護士登録後、都内の大手法律事務所に入所しました。モノリスは2所目で、2018年7月末に入所。2019年8月現在で2年目です。主にクライアント企業から寄せられる、契約書やビジネス自体に関するリーガルチェックと訴訟や仮処分などの紛争案件を担当しています。

何も整っていないところから、体制を「つくる」仕事ができる。

私が最初に入所した法律事務所は、組織規模が比較的大きいところでした。そこでは与えられた仕事をただこなすだけで、私にとっては仕事としてのやりがいを感じにくかったので、事務所を移ることを考え始めました。求人情報サイトでモノリスの募集を見つけ、食事会や面談を経て、モノリスに移ることに決めました。入所の決め手は、私が企業法務に興味を持っていたことと、事務所自体が成長フェーズにあるために、業務のルーティンや社内ルールを自ら工夫することができる環境にあることでした。

モノリスは、クライアントも多くが「ITベンチャー企業」です。したがって、弁護士としての業務内容も、クライアントの内部体制を構築していくところからお手伝いをできるのが魅力です。具体的には、資金調達の法律面でのお手伝いや、新サービスの適法性の確認などにも関わることができます。問題が発生してからの対応だけでなく、問題の発生を未然に防ぐために先回りしてリーガルリスクを軽減していくお手伝いができる、というのもモノリスの特徴だと思います。

元エンジニア・経営経験者である代表弁護士の近くで学び、自らのスキルを尖らせることができる場所。

モノリスの特徴として「IT・インターネットビジネスに特化していること」があるのは前述の通りです。その背景には、代表弁護士である河瀬が元エンジニアで経営の経験者であることがあります。河瀬からITの知識を吸収して自らの得意分野にITの知識を掛け合わせることで、自身の成長につなげることができるのも良い点です。「弁護士だから法律のことだけわかればいい」という人が多い中、弁護士としてのスキルにITを掛け合わせることができるのは恵まれた環境と言えます。

また、河瀬の経営経験から経営者の視点を学ぶことができるのも魅力です。自身に経営経験があるからこその、「リスクがあるからやめましょう」と言うだけではなく、クライアントがそれを実現する際の想定リスクと、そのリスクを軽減する方法を考える姿勢が河瀬にはあります。その姿を近くで見ていて、私は多くを学びました。弁護士としての河瀬を特徴づけている「ITの知識」と「経営者目線」を近くで吸収できるため、やる気次第で弁護士としての自らのスキルを尖らせることができる、そんな環境がモノリスの魅力です。

初めはITの知識不要。素直に吸収し、事務所としても個人としても成長していく。

入所した際、私はITの特別な知識を持っていませんでした。業務に携わる中で吸収し、今も勉強中です。「何か新しいことをやってみたい」という想いさえあれば、入る段階ではITの知識は不要と言えます。所内の雰囲気はとてもフラットで、「雇う側」「雇われる側」の垣根が無いので、相談もしやすいです。周りに相談しながら、業務の中で直面した新しいものごとを素直に吸収していくことが出来れば、自己成長が望める環境だと思います。

何よりも、斜陽産業と言われている弁護士業界において、事務所としての成長実感を持ちながら働くことができているのが良い点だと感じています。人が増え、クライアント数も順調に増えていっています。弁護士業界が縮小傾向にある一方で、仕事を作りにいけている実感を持ちながら働くことができるので、事務所としても、個人としても、もっともっと成長していこう、と思う日々です。

求人情報

モノリス法律事務所は、弁護士と、弁護士資格を有さないスタッフの求人を行っております。

当事務所は、「IT・インターネット・ビジネスに強みを持つ」を標榜する事務所であり、また、弁護士以外のスタッフにも実働部隊としての機能を付与していますが、当事務所に所属する弁護士は、入所時点ではIT知識が薄いケースがほとんどですし、弁護士以外のメンバーの担当分野は、入所後に様々な業務に触れて頂き、その能力や特性を話し合った上で決まっているケースがほとんどです。ITの専門知識を持たない弁護士、「得意分野」と言われても困ってしまうという方も、是非求人にご応募頂ければ嬉しい限りです。

求人情報

当事務所のクライアントの例

※クライアントであることについて公開の許諾を頂いている会社様(又は役員として登記されている会社様)のみを掲載しております。原則として、「クライアントであること」は守秘義務の下で秘匿致します。

参考サイト

feely「デジタルタトゥーを消したい!」

feely「デジタルタトゥーを消したい!」

デジタル・タトゥーの危険性や事例、対策や削除の方法についての解説記事を監修しました

弁護士 河瀬季 の個人サイト

弁護士 河瀬季 の個人サイト

代表弁護士 河瀬季による個人ウェブサイト

ジョイキャリア「スペシャリストたちの7つ道具」

ジョイキャリア「スペシャリストたちの7つ道具」

代表弁護士 河瀬 季のインタビュー記事。弊所のコンセプトや仕事に用いる「7つ道具」に関してお話しさせて頂きました。

トップへ戻る