弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

IT・ベンチャーの企業法務

スマホで無断撮影(隠し撮り)した画像をSNSにアップする法律的問題点とは

IT・ベンチャーの企業法務

スマホで無断撮影(隠し撮り)した画像をSNSにアップする法律的問題点とは

旅先やレストランで、風景や食事をスマホで撮影し、TwitterやインスタグラムなどのSNSにアップするのはよく見られる光景です。ただ、無断で撮影した写真をSNSにアップするなどして公開した場合、予期せぬ問題が起きることもあります。

本記事では、スマホやカメラで無断撮影した画像をSNSにアップした場合の法律的な問題点について解説します。

他人の顔が写りこんでいる場合

通行人など他人が写りこんでいる写真をSNSにアップした場合は、肖像権の侵害にあたるおそれがあります。肖像権については、以下の通り最高裁判決が出ています。

ある者の容ぼう等をその承諾なく撮影することが不法行為法上違法となるかどうかは、被撮影者の社会的地位、撮影された被撮影者の活動内容、撮影の場所、撮影の目的、撮影の態様、撮影の必要性等を総合考慮して、被撮影者の上記人格的利益の侵害が社会生活上受忍の限度を超えるものといえるかどうかを判断して決すべきである。

また、人は、自己の容ぼう等を撮影された写真をみだりに公表されない人格的利益も有すると解するのが相当であり、人の容ぼう等の撮影が違法と評価される場合には、その容ぼう等が撮影された写真を公表する行為は、被撮影者の上記人格的利益を侵害するものとして、違法性を有するものというべきである。

最高裁判所平成17年11月10日判決

この判決に照らせば、たとえば観光地などで写真に写りこんでしまうことは「社会生活上受忍の限度内」であるといえますので、その写真をSNSにアップされたとしても肖像権の侵害とまではいえないものと思われます。ただし、明らかに他人にピントを合わせて撮影したり、人物を特定できるような形で撮影したりしている写真をアップした場合は、肖像権の侵害にあたる可能性があります。肖像権の侵害については、刑事罰を科されることはありませんが、民事上の不法行為による損害賠償を請求されることはあります。

通行人が写りこんでいる画像をSNSにアップする場合は、念のため、通行人の顔にモザイクをかけたり、スタンプを押したりして顔がわからないように配慮しましょう。また、たとえ友人であってもSNSにアップする際には許可をとるようにしましょう。

肖像権の侵害について詳しくは、下記の記事にて解説しております。

お店や病院で無断撮影した場合

コンビニやスーパーなどの店内で、無断で写真を撮影した場合、そのお店が撮影を禁止していれば、注意を受ける可能性があります。店舗の管理者には「施設管理権」がありますので、施設管理権に基づいて店内での写真撮影を禁止することができ、これに違反した場合は施設管理権の侵害にあたります

また、病院も同じように施設管理権に基づき、写真の無断撮影を禁止することができます。病院は、その病院にかかっていることを知られたくない人が待合室にいる可能性があることや機密性の高いカルテなどが置いてあることなどから、個人情報の取り扱いに特に注意が必要な場所です。病院で無断撮影した写真をSNSにアップした場合、病院の施設管理権の侵害、他人の肖像権侵害、個人情報保護法違反などにあたる可能性がありますので、注意が必要です。

芸能人のプライベートを隠し撮りして、SNSにアップした場合

街中やお店などで芸能人を見かけたときに、写真を撮りたくなってしまうこともあるかもしれません。ただ、その写真をSNSにアップした場合、肖像権を含むプライバシーの侵害、肖像パブリシティ権の侵害にあたる可能性があります。

芸能人など有名人の場合は、一般人より肖像権の侵害とされる範囲が狭くなりますので、写真の種類によっては、SNSにアップしても肖像権の侵害にはあたらないケースもあります。ただし、家が特定できるような写真など、他人に知られたくない情報が公開されている場合、プライバシーの侵害にあたる可能性があります

また、レストランの店員が、「うちのお店に来てくれました」という文言を添えて無断でSNSにアップした場合などは、パブリシティ権の侵害にあたるとして損害賠償請求される可能性もあります。パブリシティ権とは、有名人の氏名や肖像などが持つ集客力を排他的に使用できるという権利です。つまり、第三者が無断で有名人の氏名や肖像を集客のために利用することはできません。有名人には、このパブリシティ権があるため、無断で写真を使用することはパブリシティ権の侵害になります

また、パブリシティ権について詳しくは下記で解説しております。

ダウンロードサイトにアップして金銭を稼いだ場合

建物や人の写真を無断で撮影し、写真ダウンロードサイトにアップして金銭を得た場合は、どのような問題が起こりうるのでしょうか。

まず、建物の場合ですが、一般的な街並みの写真として複数の建物が写っている写真はあまり問題にならないケースが多いです。ただ、建物によっては、商業利用が禁止されていることもありますので、事前に調べておく必要があります。また、無断で敷地内から撮影した場合は、建物の所有者の施設管理権の侵害にあたる可能性があります。

また、有名人の写真を投稿して金銭を稼いだ場合には、パブリシティ権の侵害にあたるとして損害賠償を求められることがあります。ライブやイベントの写真を無断で販売した場合も、パブリシティ権や肖像権の侵害にあたる可能性が高いので、気をつけましょう。

まとめ

スマホで写真を撮影してSNSにアップするのは、簡単な操作で手軽に行うことができますが、重大な結果を招くこともあります。SNSやダウンロードサイトに他人や建物の写真を無断でアップしてしまったり、またはアップされてしまったりした場合は、早めに弁護士へ相談しましょう。

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所は、IT・インターネット・ビジネスに強みを持つ、東京・大手町の法律事務所です。

シェアする:

TOPへ戻る