システム開発の検収とみなし検収条項の適用場面とは

システム開発の場面で法的問題が生じやすいのが「検収」の局面です。 「検収」とは受注者が成果物を納品した際に、発注者側に生じる検査・点検義務を指します。仮に、納品後にいつまでたっても発注者が「検収」を行わなければ、受注者で … 続きを読む システム開発の検収とみなし検収条項の適用場面とは