弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

IT・ベンチャーの企業法務

コスプレ写真の公開は著作権法違反?SNS上での取り扱いや広告使用について解説

IT・ベンチャーの企業法務

コスプレ写真の公開は著作権法違反?SNS上での取り扱いや広告使用について解説

日本の漫画やアニメは海外でも高い人気を誇る一大産業となりました。それに伴い、アニメや漫画、ゲームなどのキャラクターに扮するコスプレは、イベントが開催されるなど国内外で大きな盛り上がりを見せています。

ですが、コスプレを行い、その写真をSNSにあげたり、コスプレ写真を広告に利用するにあたっては、法律的に気をつけなければならない点があります。

それが著作権との兼ね合いです。本記事では、個人がコスプレ写真をネット上で公開することの適法性と会社が自社の広告にコスプレ写真を使用する際の法的問題点について解説します

個人がコスプレ写真をネット上に公開するのは著作権侵害にあたるか

コスプレイヤーが、アニメのキャラクターの衣装を着てコスプレ写真を撮影し、SNSにあげるなどしてネット上に公開する行為は、著作権侵害にあたるのでしょうか。

キャラクターの衣装は著作物に該当するか

コスプレ写真が著作権侵害にあたるかを考える際に、まずはキャラクターの衣装そのものが著作物に該当するのかどうかが問題になります。キャラクターのイラストが著作物に該当するのは争いのないところです。

では、衣装そのものに著作物性は認められるのでしょうか。

結論から言えば、衣装そのものに著作物性が認められるケースは非常にまれであると言えます

つまり、「鬼滅の刃」に登場する竈門禰󠄀豆子の衣装も、著作物と認められる可能性は低いです。

例外的に、衣装に高度な鑑賞性があると認められる場合にのみ、衣装に著作物性が認められるものとされています。衣装に著作物性が認められると、コスプレ写真をネット上で公開する行為は著作権侵害に当たります

キャラクターの再現度が高い場合は著作権侵害になる

衣装そのものに著作物性が認めらるケースは少ないですが、キャラクターの衣装デザインに加えてヘアメイクなどにより忠実にキャラクターを再現しているコスプレ写真の場合は、イラストの著作権侵害にあたる可能性があります

キャラクターをどのくらい忠実に再現しているか、その再現度によって個別具体的に判断されることになります。

現状、コスプレ写真は多数ネット上に公開されていますが、権利者側が黙認しているだけであり、法的には問題がある可能性があります。

そのため、権利者側がコスプレ写真を問題視し、著作権侵害にあたると訴えた場合、著作権侵害が認められる可能性がありますので、注意が必要です

特許・商標・著作権などの知的財産権侵害リスクとその対策については、以下の記事で詳細に解説していますのでご参照ください。

コスプレの著作権についてルール整備がされる予定

コスプレ人口の増加に伴い、法的なトラブルが増加することも予想されます。

こうしたトラブルを防ぐため、政府は2021年度内をめどにルールを整備したい意向を示したとの報道があります。このルールが整備されれば、著作権との関連で問題となるコスプレ写真の要件や使用方法がより明確になるものと思われます。

企業がコスプレ写真を自社の広告に使うのはアウト?

個人ではなく、企業がコスプレ写真を自社の広告に使う場合は、どのような問題点が考えられるでしょうか。以下で、著作権法と不正競争防止法に分けて解説します。

著作権侵害にあたるケースとは

著作権の侵害にあたるかどうかの判断は、個人がコスプレ写真をネットに掲載した場合と同じです。つまり、

  • 衣装そのものに著作物性があるか
  • どの程度忠実にキャラクターが再現されているか
  • を総合的に検討して判断されることになります。

不正競争防止法違反にあたるケースとは

コスプレ写真を広告に使用する場合、著作権関連の論点だけでなく、不正競争防止法違反に該当するかどうかを検討する必要があります。

不正競争防止法とは

不正競争防止法とは、

事業者間の公正な競争及びこれに関する国際約束の的確な実施を確保するため、不正競争の防止及び不正競争に係る損害賠償に関する措置等を講じ、もって国民経済の健全な発展に寄与すること

不正競争防止法第1条

を目的として制定された法律です。

不正競争行為により利益を侵害された者は差止請求を行うことができ、また、不正競争行為により利益を侵害した者は損害賠償責任を負うことになります。

コスプレ写真を広告に使用する場合は不正競争行為のうち、以下の2点が問題となります。

それが、「周知表示混同惹起行為(同法第2条第1項第1号)」と「著名表示冒用行為(同法第2条第1項第2号)」に該当するかどうかです

周知表示混同惹起行為とは

周知表示混同惹起行為は、周知された商品表示によく似た表示を使用した商品を作ったり、売ったりするなどして、混同を生じさせる行為を指します。

コスプレ写真を広告使用する場合、キャラクターのイラスト等と、広告に使用されているコスプレ写真がどのくらい類似しているかがポイントになりますが、どの程度の類似性があれば、この行為に該当するのかについては取引通念に照らして外観等の印象等から全体的に類似していることで足りるとされています。著作権法上の著作権侵害は、再現度が高いことが要件の一つとなりますが、不正競争行為には、そこまでの再現度は必要なく、不正競争行為であるとの認定がされやすい傾向にあります。

著名表示冒用行為とは

キャラクターの認知度が「周知」にとどまる場合は、上記の通り、混同を生じさせるおそれがなければ不正競争行為に該当しません。ですが、無断使用したキャラクターの認知度が高く、著名である場合は、混同の有無とは関係なく不正競争行為に該当します。

例えば、「鬼滅の刃」の竈門禰󠄀豆子は、著名なキャラクターであると思われるため、竈門禰󠄀豆子のコスプレ写真を広告に使用すれば、不正競争行為に該当する可能性が高いと言えます。

コスチューム等の無断使用が著名表示冒用行為にあたるとされた例

マリオカートの略称及びキャラクターのコスチューム等の無断使用が問題となった事案(通称マリカー事件)について、不正競争行為の成立を認め、標章の使用禁止と損害賠償の支払いを命じた例があります(知財高裁令和2年1月29日判決)。

この件は、マリオカートの登場人物であるマリオ等のコスチュームを従業員が着用する行為、利用者へのコスチュームの貸与行為等を行っていたカートのレンタル会社に対して、マリオカートの販売会社である株式会社任天堂がそれらの差止等と損害賠償を求めて裁判を起こしたものです。

まとめ

コスプレイヤーがコスプレ写真をネット上にあげたり、企業がコスプレ写真を広告に利用したりする場合、著作権侵害や不正競争防止法違反にあたる可能性があります。

それらに該当するか否かは、衣装そのものに著作物性が認められるかどうかやキャラクターの再現度・認知度などによって総合的に判断されます。

2021年度中に、政府がコスプレの著作権についてルールを整備するというニュースもあり、今後も注視が必要な分野です。

コスプレ写真のネット掲載や広告利用について判断に迷われた場合は、著作権法などに詳しい弁護士へ事前に相談しましょう。

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所は、IT・インターネット・ビジネスに強みを持つ、東京・大手町の法律事務所です。

シェアする:

TOPへ戻る