IT・ベンチャーの企業法務

システム開発の仕様書にない機能は法律上どこまで実装すべきなのか

システム開発の仕様書にない機能は法律上どこまで実装すべきなのか

企業で用いられるITシステムを開発するプロジェクトは原則、予め定義された仕様に沿って作られるものです。しかし一方で...

IT・ベンチャーの企業法務

クリエイティブ・コモンズの記載のある著作物の使用する際の注意点とは

クリエイティブ・コモンズの記載のある著作物の使用する際の注意点と.

著作権上のライセンスの一種に、「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」というものがあります。Web上で見かける様々...

IT・ベンチャーの企業法務

投資契約におけるドラッグ・アロング・ライトとは

投資契約におけるドラッグ・アロング・ライトとは

投資契約の内容として、ドラッグ・アロング・ライトに関する条項が規定されることがあります。ドラッグ・アロング・ライト...

IT・ベンチャーの企業法務

出向・派遣・準委任・請負・偽装請負・労働者供給の区別と違いとは

出向・派遣・準委任・請負・偽装請負・労働者供給の区別と違いとは

IT企業やIT系のプロジェクトに限らず、企業にとって人事・労務まわりの実務は厄介な法律問題が起こりがちな領域です。...

IT・ベンチャーの企業法務

投資契約における株式に関する条項とは

投資契約における株式に関する条項とは

投資契約の内容として様々な条項が規定されますが、株式に関する条項が規定されることがあります。株式に関する条項は、投...

IT・ベンチャーの企業法務

投資契約における会社の運営に関する条項とは

投資契約における会社の運営に関する条項とは

投資契約の内容として様々な条項が規定されますが、会社の運営に関する条項が規定されることがあります。会社の運営に関す...

IT・ベンチャーの企業法務

投資契約における取締役派遣条項とは

投資契約における取締役派遣条項とは

ベンチャー企業がベンチャーキャピタル(VC)から投資を受ける際に、投資契約に規定されることがある条項として、取締役...

IT・ベンチャーの企業法務

個人エンジニアが企業との共同事業で事前作成すべき契約書

個人エンジニアが企業との共同事業で事前作成すべき契約書

当事務所は、元ITエンジニアが代表弁護士を務める法律事務所として、企業側からのみならず、エンジニア側からの法律相談...

IT・ベンチャーの企業法務

eスポーツ大会における賞金の限度額とは

eスポーツ大会における賞金の限度額とは

「eスポーツ」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を...

IT・ベンチャーの企業法務

契約書チェックとデバッグの相似性を元ITエンジニア弁護士が解説

契約書チェックとデバッグの相似性を元ITエンジニア弁護士が解説

いわゆる「会社の顧問弁護士」の業務の中心は、会社が日々クライアントや業務提携先などと締結する契約書のチェックや修正...

IT・ベンチャーの企業法務

システム開発において不法行為責任が問題となった事案とは

システム開発において不法行為責任が問題となった事案とは

システム開発における法律問題のうち、様々な権利・義務の所在をめぐる争いは、そのほとんどが、事前に締結された「契約」...

IT・ベンチャーの企業法務

投資契約における表明保証条項とは

投資契約における表明保証条項とは

投資契約に表明保証条項(Representations and Warranties)が規定されていることがありま...

IT・ベンチャーの企業法務

投資契約における種類株式の発行とは

投資契約における種類株式の発行とは

投資家が企業に投資をする場合、投資家が出資した金銭に対応して、企業から投資家に対して株式が発行されることになります...

IT・ベンチャーの企業法務

投資契約とは?企業にとっての契約締結の必要性

投資契約とは?企業にとっての契約締結の必要性

ベンチャー企業などが投資を受ける場合、知人やいわゆるエンジェル投資家から投資を受ける場合もあればベンチャーキャピタ...

IT・ベンチャーの企業法務

システム開発の準委任契約・請負契約と下請(再委託)の可否

システム開発の準委任契約・請負契約と下請(再委託)の可否

システム開発の現場では、下請(再委託)、さらには多重下請といった構造がみられることが多くあります。下請(再委託)の...

IT・ベンチャーの企業法務

システム開発の紛争の解決手段としての民事調停とは

システム開発の紛争の解決手段としての民事調停とは

なにか紛争が起きた場合に、その解決策として一般的に、訴訟といった手段があることはよく知られている通りです。しかし、...

IT・ベンチャーの企業法務

トップへ戻る