「バカ」「キチガイ」などの誹謗中傷と名誉感情の侵害

「バカ」「キチガイ」などの誹謗中傷と名誉感情の侵害

他人から「馬鹿」「不細工」などと罵倒されたら、誰でも嫌な気分になるでしょう。ネット上でこうした誹謗中傷が続けば、何とかしたいものだと考えるのが自然です。

こうした、いわゆる悪口などの誹謗中傷被害は、法的には、「主観的名誉」「名誉感情」の侵害、と整理されます。分かりにくい専門用語ですが、ポイントは、

  • 「名誉」という言葉は入っているが
  • 法律用語として比較的有名な「名誉毀損」ではない

ということです。

「名誉毀損」と「名誉感情の侵害」の違い

法律用語として有名な「名誉毀損」は、刑法230条で規定されています。

第230条(名誉毀損)
公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。

そして、法律的には、ここでいう「名誉」とは、社会から受ける評価としての社会的名誉(社会的評価)を指します。 例えば、ある個人が「あいつは以前勤めていた会社で横領をした人間だ」と言われてしまうと、その人は「雇うと危険な人物である」と評価され、転職などの社会活動に支障が生じてしまうでしょう。こうした意味で「社会的評価」が低下してしまうことが問題である、ということです。このことは、本サイトの別記事で、詳しく解説しています。

ただ、日常用語としての「名誉」には、もう一つの意味があるはずです。冒頭で述べたように、例えば「馬鹿」「不細工」と罵倒されたら、自身の自尊心を傷つけられ、その意味で「名誉」を傷つけられたと感じるはずです。

もう一つの意味とは、「人の社会的評価を意味する社会的名誉」と異なる、「自己に対する評価を意味する主観的名誉」です。「名誉感情」は後者であり、「自尊心を傷つけられた」というような話になります。

社会的名誉と主観的名誉

「馬鹿」「不細工」と罵倒をされた人がいても、第三者は通常「この人は人が本来有すべき知的能力や知識を持たない人である」とか「よほど容姿が整っておらず、正視するに堪えないほどの人である」とは考えません。単に「ケンカを始めたな」とか「面倒な人にからまれているな」と、思うだけでしょう。したがってこのような罵倒によって、その人の社会的評価が低下するかと言われると、それは微妙です。

しかし、こうした罵倒を我慢し続けなければならないわけではありません。その場合には、刑法上の「名誉毀損」は成立しなくても、民事上の「名誉感情の侵害」は成立する(場合もある)、と整理される訳です。

刑事上の違法(犯罪)と民事上の違法

「刑事上」「民事上」という言葉は少し分かりにくいですが、「違法」な行為を受けた、という場合、その「違法」が

  • 刑法上違法であり(=「犯罪」であり)、行為を行った者は処罰を受け、同時に当該行為は民事上も違法であり、損害賠償請求等も成立する
  • 刑法上は違法でなく(=「犯罪」ではなく)、行為を行った者に処罰は成立しないが、しかし当該行為は民事上は違法であり、損害賠償請求は成立する

という両方のケースがあります。

名誉感情の侵害は「犯罪」ではないが民事上で違法となり得る

そして、

  • 「社会的評価」を低下させるような「名誉毀損」は刑法上違法であり、かつ、民事上も違法
  • 名誉感情の侵害は、刑法上は違法ではないが、民事上は違法となる(ケースもある)

という事になります。民事上違法であれば、損害賠償請求をなし得ますし、また、ネット上の投稿の場合は、犯人特定のためのIPアドレス開示請求などもなし得ます。ただ、警察による逮捕や、処罰は行われない、ということです。

なお、少しややこしい話ですが、社会的評価の低下を伴う、しかし具体的事実を摘示しない名誉毀損として、意見論評型の名誉毀損というものもあります。これも同様、刑事上の名誉毀損罪には該当しませんが、民事上は違法だとされています。

これは、プライバシー侵害などの場合も同様です。プライバシー侵害は、民事上違法になり得ますが、プライバシー侵害を禁止する刑法上の規定はなく、「犯罪」にはなりません。

執拗な苦情と名誉感情の侵害

マンションでの騒音騒動を巡る執拗な苦情

2008年3月、マンションの2階202号室に住むX夫妻が騒音を発生しているとして、102号室に住むYから苦情の手紙を受け取りました。X夫妻はこれに対し、音に注意して生活している旨、手紙で説明したのですが、Yは6月から管理人を通じて苦情を申し立て始めました。管理組合理事長が立ち会って協議したり、管理組合の定期総会で議題として取り上げられる中、8月に音響設計会社が調査を行いましたが、問題点は見つかりませんでした。

その後もYは管理人を通じて苦情を申し立て続け、11月や翌2009年1月に管理組合理事長は「問題に対処すること」とした勧告書をX夫妻に発しました。このように続く苦情申し立てに対し、X夫妻は「管理組合の総会などにおいて夫妻の名誉を毀損する発言をし、執拗に苦情を申し立てて夫妻の名誉感情を侵害した」として、Yに対し、不法行為による損害賠償及び謝罪文の交付を求めて提訴しました(本訴)。これに対し、Yは、「202号室から受忍限度を超える騒音が発生している」として、夫妻に対し、不法行為による損害賠償を求めました(反訴)。

東京地裁の判断とは

東京地方裁判所は2011年10月13日、「Yが管理組合の役員や管理人の面前、管理組合の総会で発言した内容は、マンションの住人らに対して、Xが、Yに被害を与えているという印象を与えるものであり、Xの社会的評価を低下させるものである」として名誉毀損を認め、また、

Yが、Xに対し、2008年6月から2009年3月にかけて、管理人を通じ、申し立てた苦情の中には、Xに対する誹謗中傷とも受け止められる表現が多く含まれ、それらの苦情が非常に多数回にわたって申し立てられたことを考慮すると、Yの上記苦情は、社会通念上許される限度を超え、Xの名誉感情を侵害するものであったといわざるを得ない

東京地裁平成23年10月13日判決

として、謝罪文の交付は認めませんでしたが、名誉感情の侵害も認め、X夫妻それぞれについて30万円、弁護士費用としてそれぞれ3万円、合計66万円の支払いをYに命じました。

正確な数が不明なので、「非常に多数回」というのがどれほどの回数だったのかはわからないのですが、誹謗中傷を含む執拗な苦情は名誉感情の侵害になる可能性がある、という裁判例です。

「気違い」という表現は名誉感情の侵害になるか

名誉感情の侵害が認められる発言とは?

2ちゃんねるにおける「気違い」投稿は違法か

小学1年生から高校3年生までの発達障害児のための学校である「A学園」を設置、経営する学校法人A学園の学園長が、2ちゃんねるの「A学園」というスレッドに、「気違いはどうみてもA学長」という書き込みをされ、発信者情報開示を2ちゃんねるに請求しました。さらに、2ちゃんねるから得たIPアドレス等をもとに、経由プロバイダであるDION(現在はau one net)に発信者情報開示を請求しましたが、DIONはこれを拒否し、裁判となりました。

東京地裁と東京高裁の判断

1審である東京地方裁判所は2008年6月、「本件書き込みは、違法性が強度で社会通念上許される限度を超える表現ではない。原告の権利が侵害されたことが明らかであるといえない」とし、発信者情報開示請求を認めませんでした。

A学長は控訴し、東京高等裁判所は2008年12月、「『気違い』という表現はきわめて強い侮辱的表現で、差別用語で、名誉感情を侵害した。控訴人には、発信者情報の開示を受けるべき正当な理由がある」として発信者情報の開示を命じ、また「開示請求に応じなかったのは重大な過失で、これによる控訴人の精神的苦痛に対する慰謝料として10万円、弁護士費用として5万円」を支払うよう、DIONに命じました。

DIONはこれを不服として上告し、最高裁の判断を仰ぐこととなりました。

最高裁判決は名誉感情の侵害を認めなかった

最高裁は、「『気違い』といった侮辱的な表現を含むとはいえ、被上告人の人格的価値に関し、具体的事実を摘示してその社会的評価を低下させるものではなく、被上告人の名誉感情を侵害するにとどまるもの」であるとし、つまり、名誉毀損にはあたらず、名誉感情の侵害であるとして、名誉感情の侵害は「社会通念上許される限度を超える侮辱行為であると認められる場合に初めて被上告人の人格的利益の侵害が認められ得るにすぎない」としました。そして、

本件書き込み中、被上告人を侮辱する文言は上記の『気違い』という表現の一語のみであり、特段の根拠を示すこともなく、本件書き込みをした者の意見ないし感想としてこれが述べられていることも考慮すれば、本件書き込みの文言それ自体から、これが社会通念上許される限度を超える侮辱行為であることが一見明白であるということはできない

最高裁平成22年4月13日判決

と判断し、DIONに過失があったとは認められないとして、高裁判決を取り消しました。

単なる侮辱行為がすべて不法行為となるわけではなく、その程度が「社会通念上許される限度を超える」必要があるということになり、「気違い」という表現の一語のみ、一回のみでは、名誉感情の侵害は認められないことになります。

では、どの程度であれば、「社会通念上許される限度を超える」と判断されるのでしょうか。

「社会通念上許される限度を超える」とは

ホームページにおいて「著作権事件」に関する記事を掲載していた被告に、自己と被告の間の訴訟の経緯に関してウェブに掲載された記事の文言において社会的評価を低下させられたとして、名誉権又は人格権に基づき掲載部分の削除、不法行為に基づき損害賠償、名誉回復措置として同人のホームページに告知文を掲載することを求めて、男性が提訴した裁判があります。

「ペテン師」「悪党一味」「ストーカーまがい」「精神状態が普通でない」などの、数々の罵倒に対し、東京地方裁判所は2015年6月16日、「原告を貶める表現が多用されているものの、それ自体は詳細な具体的事実を摘示して原告の行為等を評している箇所が少ないこと、原告の氏名が顕示されておらず仮名で表現されていること」より、「直ちに、上記各文言が原告の社会的評価を低下させるものということはできない」として、名誉毀損は認めませんでしたが、「原告の訴訟行為の当否についての意見又は論評として正当な範囲を超えて,原告の人格に対する攻撃的表現に及んでいるものと評価すべきであ」り、「原告の名誉感情を社会通念上看過し得ない程度に侵害する違法な行為に当たると認めるのが相当である」として、名誉感情の侵害を認め、30万円の損害賠償、記事削除、告知文の掲載を命じました。

自己のホームページ上であっても、他人への罵倒を繰り返せば、「名誉感情を社会通念上看過し得ない程度に侵害する」とされ、名誉感情の侵害とみなされる可能性があります。

発信者情報開示請求における名誉感情の侵害

名誉感情の侵害として発信者を特定できるケースもあります。

2ちゃんねるの書き込みによって名誉感情及び名誉権を侵害されたことに対し、損害賠償を請求するため、発信者情報開示請求を行った女性の例があります。「発信者情報開示請求」とは、書き込みを行った犯人を特定する請求です。これに関しては下記記事にて詳細に解説しています。

この女性は2ちゃんねるが開示したIPアドレス等により、経由プロバイダを特定し、発信者情報開示請求を行いましたが拒否され、経由プロバイダに発信者情報開示を求めて提訴しました。こうした、書き込みを行った者を特定するための手順や方法に関しては下記記事にて詳細に解説しています。

「不細工」「ヤリマン」「出目眼鏡ババァ」「バカ女」等の書き込みに対し、東京地方裁判所は「原告の性別、名前、眼鏡を使用していること、現在の職場や職務の内容及び過去に勤務していた会社の名前が具体的に記載されているため、一般人の普通の注意と読み方をした場合、特に、原告の個人的な事情を知る親族や知人等がこれらを読んだ場合には、容易に本件書き込みの内容が原告に関する記述であると理解することができる」とした上で、「ヤリマン」という記述は「原告が、軽はずみに不特定多数の男性と性交したり、多数の男性と積極的に性的関係を持つような女性であるとの事実を摘示し、同人の社会的評価を低下させる表現であると認められる」と、名誉権の侵害を認めました。

また、

不特定多数の者が閲覧可能なインターネット上の掲示板において、女性が、氏名不詳の者から「不細工」、「ババァ」または「馬鹿女」などと侮辱的な評価を受けた場合、当該女性の名誉感情が害されることは明らかであり、それらの侮辱的表現を甘受しなければならない理由もないことに照らせば、本件各書き込みについては、上記評価を裏付ける具体的事実や根拠等が記載されていないとしても、社会通念上許容される限度を超えて原告の名誉感情を害するものというべきである。

東京地方裁判所2016年11月18日判決

として、経由プロバイダに、発信者情報開示を命じました。
「不細工」「ババァ」「馬鹿女」などと侮辱的な評価を書き込み続けると「社会通念上許容される限度を超えて原告の名誉感情を害するもの」とされ、名誉感情の侵害とみなされる可能性があります。

まとめ

掲示板等に「バカ」「キチガイ」などと繰り返し書き込まれたとき、こうした罵倒を甘受しなければならない理由はありません。社会的評価を低下させる表現であると認められず、名誉毀損には該当しないとされた場合でも、名誉感情の侵害として発信者を特定し、不法行為による損害賠償を求め、責任を追及できる可能性があります。

泣き寝入りなどせず、当法律事務所の経験豊かな弁護士にご相談ください。速やかに、効果的に対応します。

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所は、NHKドラマ「デジタル・タトゥー」の原案を務める代表弁護士の下、企業・個人の風評被害対策を多数手がけております。

Phone: 03-6262-3245 (平日10時-17時)
Email: kawase@monolith-law.jp

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所

モノリス法律事務所は、IT・インターネット・ビジネスに強みを持つ、東京・大手町の法律事務所です。

シェアする