ITシステムの著作権問題の全体像とは

ITシステムの著作権問題の全体像とは

ITシステムの開発に関する法律問題の多くは、プロジェクトの「炎上」に関連するものです。そしてそこでは、「プロジェク...

IT・ベンチャーの企業法務

システム開発プロジェクトのメンバーの離脱に関わる法律とは

システム開発プロジェクトのメンバーの離脱に関わる法律とは

システム開発プロジェクトでは通常、各工程・各タスクを細分化し、極力計画性を持って進めていくことが重視されます。しか...

IT・ベンチャーの企業法務

5ちゃんねる書き込みに関するIPアドレスの開示請求とは

5ちゃんねる書き込みに関するIPアドレスの開示請求とは

5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)は、多数のユーザーからのアクセスや書き込みがある、巨大匿名掲示板です。匿名掲示板である5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)において誹謗中傷被害を受けてしまった場合に、その書き込みを行った投稿者を特定する方法について解説します。

風評被害対策

システム開発終了後にベンダーが負うサポート義務とは

システム開発終了後にベンダーが負うサポート義務とは

システム開発において、システム開発の専門業者であるベンダーが「プロジェクトマネジメント義務」を負うことはよく知られ...

IT・ベンチャーの企業法務

システム開発で、請負契約を結ぶ際の注意点とは

システム開発で、請負契約を結ぶ際の注意点とは

ITシステムを開発するプロジェクトで締結される契約は主に、請負契約と準委任契約です。ユーザーにとってもベンダーにと...

IT・ベンチャーの企業法務

バーチャルYouTuber・VTuberの事務所所属用の契約書

バーチャルYouTuber・VTuberの事務所所属用の契約書

2017年頃から急速に注目を集めている職業にバーチャルYouTuber・VTuber という職業があります。 バ...

IT・ベンチャーの企業法務

システム開発と関係のある法律上の「責任」とは

システム開発と関係のある法律上の「責任」とは

「責任」という言葉は、法律用語である一方で、日常会話レベルでもよく用いられる一般的な用語でもあります。システム開発...

IT・ベンチャーの企業法務

システム開発の紛争を交渉によって解決するには

システム開発の紛争を交渉によって解決するには

法務的な観点からシステム開発というプロジェクトを考える場合、業務を発注するユーザーとベンダーの側で何らかの争いが起...

IT・ベンチャーの企業法務

システム開発でのベンダーからユーザーへの謝罪の法律上の意味とは

システム開発でのベンダーからユーザーへの謝罪の法律上の意味とは

システム開発に限らず、いわゆるサービス業という業態において、お客様から寄せられる苦情への対応は言うまでもなく重要に...

IT・ベンチャーの企業法務

名誉毀損などの誹謗中傷の同定可能性とは?弁護士が解説

名誉毀損などの誹謗中傷の同定可能性とは?弁護士が解説

インターネットにおける誹謗中傷は、名誉毀損(名誉権の侵害)や侮辱罪(名誉感情の侵害)、プライバシー侵害などに該当し...

風評被害対策

誹謗中傷の犯人への損害賠償請求の相場と計算方法とは

誹謗中傷の犯人への損害賠償請求の相場と計算方法とは

インターネット上の誹謗中傷事件で、名誉毀損など、犯人が違法な投稿を行った場合、被害者は犯人に対し、損害賠償請求を行...

風評被害対策

独自発行ポイントが資金決済法の前払式支払手段に該当する場合とは

独自発行ポイントが資金決済法の前払式支払手段に該当する場合とは

大手シンクタンクによる調査によると、2014年度に国内11業界の主要企業が2014年度に発行したポイントや...

IT・ベンチャーの企業法務

名誉毀損の慰謝料請求の相場とは

名誉毀損の慰謝料請求の相場とは

名誉毀損が認められると、被害者は、加害者に対する損害賠償請求権を認められます。その損害賠償の内容にはいくつかの項目...

風評被害対策

Facebookにおけるなりすまし・乗っ取りと対策を弁護士が解説

Facebookにおけるなりすまし・乗っ取りと対策を弁護士が解説

Facebookは実名での登録と利用が基本なので、個人情報があふれており、Twitterなど他のSNSでも問題とな...

風評被害対策

Facebookでの誹謗中傷の実例と刑事・民事の責任追及

Facebookでの誹謗中傷の実例と刑事・民事の責任追及

Facebook は、月間ユーザー数約22憶3000万人という、世界第1位のSNSです。日本国内では出遅れたせいも...

風評被害対策

業務システム構築でのライブラリ使用に伴うリスクと対策

業務システム構築でのライブラリ使用に伴うリスクと対策

現代において、業務システムの構築では「ライブラリ」というシステムの部品が必須となっています。しかし、ライブラリの使...

IT・ベンチャーの企業法務

トップへ戻る