弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

食べログの口コミでの風評被害の削除を巡る裁判

食べログの口コミでの風評被害の削除を巡る裁判

食べログは、カカクコムグループが運営するグルメサイトです。「お店選びで失敗したくない人のためのグルメサイト」をコン...

風評被害対策

他社のステルスマーケティング(ステマ)記事の削除

他社のステルスマーケティング(ステマ)記事の削除

ステルスマーケティング(以下、「ステマ」とします。)とは、消費者に宣伝だと気づかれないように宣伝することで...

風評被害対策

Amazonカスタマーレビューの風評被害の削除

Amazonカスタマーレビューの風評被害の削除

インターネットの利用者が人口の80%超である現在、私達はネットショッピングを利用することで、ほとんどの商品...

風評被害対策

Yahoo!ファイナンスの風評被害の削除や投稿者特定

Yahoo!ファイナンスの風評被害の削除や投稿者特定

Yahoo!ファイナンスは、ヤフー株式会社の運営する「Yahoo! JAPAN」の中の1サイトであり、上場...

風評被害対策

ネットで企業が誹謗中傷を受けた時の対応は?信用毀損罪とは

ネットで企業が誹謗中傷を受けた時の対応は?信用毀損罪とは

企業がネット上で誹謗中傷被害を受けたとき、成立する可能性がある犯罪は、主に以下の4つです。信用毀損罪偽計業務妨害罪...

風評被害対策

プライバシー権を徹底解説。3つの侵害要件とは

プライバシー権を徹底解説。3つの侵害要件とは

プライバシーの侵害が認められるための条件について、名誉毀損とプライバシー侵害の違いや、『宴のあと』事件・『石に泳ぐ魚』事件の裁判例におけるプライバシーの侵害との関係などを交えて詳しく解説しています。

風評被害対策

FacebookやAmazon等の海外サイトと国際裁判管轄

FacebookやAmazon等の海外サイトと国際裁判管轄

インターネット上の書き込みについて、投稿者特定のために発信者情報開示を請求する場合、まずコンテンツ・サービ...

風評被害対策

インスタグラムの「なりすまし」への対処法 IPアドレス開示の手続を解説

インスタグラムの「なりすまし」への対処法 IPアドレス開示の手続.

昨今、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が普及する中、SNS上での「なりすまし」の被害が増加してお...

風評被害対策

ネット上で誹謗中傷の加害者とされてしまった時に取るべき行動とは

ネット上で誹謗中傷の加害者とされてしまった時に取るべき行動とは

ネット上で誹謗中傷されたとき、風評被害者となったときの対応法について、いくつか解説記事を書いてきました。ここでは、...

風評被害対策

弁護士の守秘義務とは?その範囲と罰則を解説

弁護士の守秘義務とは?その範囲と罰則を解説

弁護士は、依頼者の利益を最優先にしつつ職務を行わなければなりませんが、そのためには、必要となるあらゆる資料を集める...

IT・ベンチャーの企業法務

弁護士会照会でネット上の誹謗中傷の開示請求は可能か

弁護士会照会でネット上の誹謗中傷の開示請求は可能か

弁護士は、弁護士資格を持っている人間のいわば「特権」として、「弁護士会照会」という制度を用いることができます。紛...

風評被害対策

FC2サーバー上の掲示板の削除やIPアドレス開示請求

FC2サーバー上の掲示板の削除やIPアドレス開示請求

FC2は、ホスティングサービスをはじめとしたインターネット上のサービスを提供している企業です。中でも、「F...

風評被害対策

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」はどう区別されているのか?

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」はどう区別されているのか?

薬機法、 正式名称「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」 は、いわゆる化粧品や薬等の各...

IT・ベンチャーの企業法務

書き込みした犯人を特定する「発信者情報開示請求」とは?

書き込みした犯人を特定する「発信者情報開示請求」とは?

ネット上に、名誉毀損に該当するなど、風評被害・誹謗中傷の書き込みが行われた場合は、弁護士に依頼するなどして、迅速に...

風評被害対策

発信者情報開示請求とは?やり方と注意点を弁護士が解説

発信者情報開示請求とは?やり方と注意点を弁護士が解説

誹謗中傷を行った人物を相手に裁判を起こそうとする場合、その人の氏名や住所などの個人情報を知っておく必要があります。...

風評被害対策

誹謗中傷対策において重要な「削除仮処分」とは

誹謗中傷対策において重要な「削除仮処分」とは

インターネットで誹謗中傷や風評被害を受けた場合、当該記事の削除を検討し、サイト運営者やサーバー運営者に対する削除請求を検討することとなりますが、内容証明などの形式で削除を求めても相手が任意に削除に応じてくれない場合、裁判所を通じて削除を求めることになります。本記事では、誹謗中傷記事の削除に関する仮処分手続を解説します。

風評被害対策

どうしても消したいGoogle検索結果を裁判所を通じて削除する方法

どうしても消したいGoogle検索結果を裁判所を通じて削除する方.

誹謗中傷ページがある場合、ページ自体を消すことは出来なくても、Google検索結果からの削除できないかについて、裁判所を通じた手続で求めることはできるのかを、グーグル検索結果削除事件などの判例を参考にしながら詳しく解説します。

風評被害対策

独自ドメイン管理者を特定する「whois」とは

独自ドメイン管理者を特定する「whois」とは

ネット上の誹謗中傷対策は、「ネット上の匿名サイトを運営する個人」という、問題の投稿を行った投稿者を始めに特定をする必要があります。 「ネット上の匿名サイトを運営する個人」を特定する手段の一つである「whois」について解説します。

風評被害対策

非弁行為はどこから?弁護士以外ができない法律行為を解説

非弁行為はどこから?弁護士以外ができない法律行為を解説

非弁行為というのは、弁護士以外の人が、報酬を受け取って弁護士業務を反復継続の意思を持って行うことで、報酬を受け取って誹謗中傷対策を行う業者が法律業務を行うと違法となります。誹謗中傷対策、記事削除について弁護士に依頼すべき理由を詳しく解説しています。

風評被害対策

名誉毀損で訴える条件とは?認められる要件と慰謝料の相場を解説

名誉毀損で訴える条件とは?認められる要件と慰謝料の相場を解説

インターネット上の誹謗中傷や風評被害について、記事削除やIPアドレスの開示請求を行うためには、「その投稿は私の権利を侵害して違法である」という主張を行う必要があります。ここでは、名誉棄損が成立する場合と成立しない場合について詳しく解説しています。

風評被害対策

TOPへ戻る