弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-17:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE

システム開発の検収とみなし検収条項の適用場面とは

システム開発の検収とみなし検収条項の適用場面とは

システム開発の場面で法的問題が生じやすいのが「検収」の局面です。「検収」とは受注者が成果物を納品した際に、発注者...

IT・ベンチャーの企業法務

システム開発での旧システムからの移行に伴う法律問題

システム開発での旧システムからの移行に伴う法律問題

企業で用いる新たなITシステムを作ることはITエンジニアの代表的な職域ですが、「新たなシステムを作る」という場合、...

IT・ベンチャーの企業法務

システム開発におけるプロジェクトマネジメント義務とは

システム開発におけるプロジェクトマネジメント義務とは

システム開発は、その業務を発注するユーザーと、受注するベンダーで、相互に協力しあうことではじめて進んでいくものです...

IT・ベンチャーの企業法務

プログラムにまつわる著作権侵害問題とは

プログラムにまつわる著作権侵害問題とは

「著作権問題」というと、デザイナーが手がけたロゴデザインやキャラクターデザインの剽窃の話などを真っ先に思い浮かべる...

IT・ベンチャーの企業法務

バーチャルYouTuber・VTuberの企業案件契約書の要点

バーチャルYouTuber・VTuberの企業案件契約書の要点

バーチャルYouTuber・VTuberは、YouTuberの場合と同様に、クライアント企業から依頼を受けて商品や...

YouTuber・VTuber法務

2ちゃんねる・5ちゃんねるとコピーサイト・まとめサイトの削除

2ちゃんねる・5ちゃんねるとコピーサイト・まとめサイトの削除

日本最大の匿名掲示板と言われている「2ちゃんねる」は、現在は「5ちゃんねる」に名前が変わっています。ただ、分かりに...

風評被害対策

Twitterでの「なりすまし」と肖像権侵害

Twitterでの「なりすまし」と肖像権侵害

Twitterで自分の顔写真等を無断で使う、いわゆる「なりすましアカウント」が登場してしまった場合、どうすれば良い...

風評被害対策

破産者マップの個人情報が5ちゃんねるに!問題点と削除方法を解説

破産者マップの個人情報が5ちゃんねるに!問題点と削除方法を解説

借金がたまりにたまって返せなくなり、経済的に立ち行かなくなった人が、裁判所に申立てを行って財産を清算することを「自...

風評被害対策

LINEにおける脅迫・自殺教唆などの犯罪

LINEにおける脅迫・自殺教唆などの犯罪

LINEは韓国NHN株式会社(現:ネイバー株式会社)傘下の日本法人NHN Japan株式会社(現:LINE株式会社...

風評被害対策

システム開発の発注者であるユーザー側が負う協力義務とは

システム開発の発注者であるユーザー側が負う協力義務とは

システム開発の仕事は、開発されるシステムが大規模であればあるほど、多数の人手や工数をかけて行う必要が出てくるもので...

IT・ベンチャーの企業法務

商標権侵害とは?違法性判断の枠組みを解説

商標権侵害とは?違法性判断の枠組みを解説

自社の商品や商材について、商標権を取得すれば、所謂「パクリ」を防ぐことができます。ただ、商標権とは、例えば「『ディ...

IT・ベンチャーの企業法務

システム開発の見積り金額の事後増額は可能か

システム開発の見積り金額の事後増額は可能か

システム開発という仕事は、発注するユーザー側も、受注するベンダー側も大勢の人手を巻き込んで進んでいくものであるため...

IT・ベンチャーの企業法務

システム運用事業者のデータ紛失リスクと法的責任

システム運用事業者のデータ紛失リスクと法的責任

企業がデータベースに保管する重要な企業情報が不慮の事情によって紛失するというトラブルが、システム部門の現場で起こる...

IT・ベンチャーの企業法務

ネットにおける誹謗中傷と脅迫罪

ネットにおける誹謗中傷と脅迫罪

脅迫というと、体格のいい屈強そうな男が怖い顔ですごんでいるイメージがあるのではないでしょうか。法務省「平成30年版...

風評被害対策

Google Mapのストリートビューとプライバシーの侵害

Google Mapのストリートビューとプライバシーの侵害

世界各国の道路沿いの風景を見ることができるGoogle Mapのストリートビューは、初めて行く場所の下見に利用した...

風評被害対策

システム開発への下請法の適用と違反したときの罰則を解説

システム開発への下請法の適用と違反したときの罰則を解説

IT業界において、システム開発業者が他の開発業者に開発を委託する際には、業務委託契約を締結する場合がほとんどです。...

IT・ベンチャーの企業法務

ICOの方法と弁護士の関与が必要な理由

ICOの方法と弁護士の関与が必要な理由

ICO(Initial Coin Offering)は、仮想通貨(いわゆるトークン)の発行と引き換えに、新規事業の...

IT・ベンチャーの企業法務

風評被害関連の裁判や仮処分の管轄裁判所とは

風評被害関連の裁判や仮処分の管轄裁判所とは

インターネット関連に限らずあらゆる法律的な話について、「それを裁判所を通じて(訴訟や仮処分で)解決する場合に、どこ...

風評被害対策

パブリシティ権が発生する場合と発生しない場合

パブリシティ権が発生する場合と発生しない場合

人は誰でも、個人の私生活上の自由として、みだりに自己の容貌や姿態を撮影されたり、撮影された肖像写真を公表されたりは...

風評被害対策

肖像権侵害で損害賠償請求となる基準や流れを解説

肖像権侵害で損害賠償請求となる基準や流れを解説

SNSの普及で誰もが気軽に写真を投稿できるようになった一方で、肖像権をめぐるトラブルは近年増加しています。本記事では、どのような場合に肖像権侵害として損害賠償が請求ができるのか、その他の対処方法についても解説します。

風評被害対策

TOPへ戻る